2016年04月03日

ほたるいかのシーズン 2016.4

いかなごのくぎ煮炊き作業を終えると、ほたるいかのシーズンです。スマイル


過去ログをまとめる作業をしている中で、昨年この時期に訪れた浜坂のほたるいか祭りの記事を見て、「今年は、4月3日がほたるいか祭りだね。今年も、行けたらいいね。」と主人と話していましたが、スケジュール的に今日のお出かけが難しかったため、”浜坂の漁港は土曜日がお休みでも、茹でたほたるいかの購入は可能”との情報を得て、昨日、出かけて行きましたクルマ

そして、途中ブランチのため立ち寄った鳥取で、昨年訪れて以来お気に入りのかろいちを見に行ってみたところ、そこで茹でたほたるいかを格安で見つけたため、購入しました。

他にも、揚げたてがとてもおいしそうだった鳥取牛を使った和牛コロッケやミンチカツを夕食のお土産用に購入。





道中の車内から桜が咲く風景サクラを眺めながら、快適なドライブクルマの休日でした。




  続きを読む


2015年09月23日

夢の里 やながわ (9/19:丹波)

ランチレストランの後、夢の里 やながわへ。

 


 


今年も今月18日に販売開始されたばかりの和のモンブランを贈答用に購入して、カフェスペースでコーヒーお茶休憩ケーキ

 


”初物をいただく”とか”初物を贈る”というのは、なんとなく縁起がいいと思ってしまうのです。ピカピカ


夢の里 やながわの過去ログ>
2014.12.28
2014.10.4
2012.10.7

夢の里 やながわの所在地>
◇兵庫県丹波市春日町野上野920 ℡:0795-74-0123 


  


2015年09月22日

そばんち-2  (9/19:丹波)

ランチタイム遅めの時間に到着していたので、コースが進んでいくうちに、他のお客様方が次々に席を立たれて、よりいっそう静かで穏やかな雰囲気になり、外に広がる風景をのんびりした気分で眺めながら、お食事をいただいていました。



追加オーダーの、そばがき(+300円)。

 


水そば。



粗碾盛りそば。



2つ目のミステリー駅は、今回もそば雑炊でした。



追加オーダーの、そばアイス(+300円)。



今回も、おいしいおそば三昧に満足のランチタイムのひとときでした。ニコニコ

 



そばんちの過去ログ>
2015.9.19 (そばんち-1)
2012.10.7 (そばんち-2)
2012.10.7 (そばんち-1)

そばんちの所在地>
◇丹波市市島町梶原125  ℡:0795-86-7446


  


2015年09月22日

そばんち-1  (9/19:丹波)

この日のランチレストランは、事前に以前、訪れた時と同じそば三昧コースの予約を入れて、3年ぶりのそばんちへ。

 


 


前回と同じメニューなだけでなく、同じ座席テーブルに案内していただきました。

 


そば三昧コース(2400円)最初のメニューは、揚げそば。



最初のミステリー駅は、磯の香り。



だしまき。



辛み大根ぶっかけそば。紫の大根おろしに、すだちを絞ってかけるとピンク色に変わります。

 



そばんち-2へ続きます。


そばんちの過去ログ>
2012.10.7 (そばんち-2)
2012.10.7 (そばんち-1)

そばんちの所在地>
◇丹波市市島町梶原125  ℡:0795-86-7446

  


2015年09月21日

清明堂 (9/19:篠山)

丹波篠山方面へ出かけて行っても、篠山市内は通り過ぎるだけということが多かったので、本当は少し篠山城跡付近を歩いて観光もしたかったのですが、午前中に所用が入って出発が遅くなってしまったことと、お昼ごはんは丹波のお蕎麦屋さんに予約を入れてあったことから、気になっていた栗おはぎと栗きんとんを購入するため、この日もまた、篠山では老舗の和菓子店清明堂に立ちよっただけ...となりました。

 


 




丹波栗をぎゅっと濃縮したような栗きんとん(200円)と、
中のもち米がしっかりした味わいの栗おはぎ(200円)。

どちらも小ぶりで上品な大きさなので、
ひとくちでパクっといただけます。スマイル





栗まんじゅうの通常サイズ(180円)とビッグサイズ(500円)。

 


黒豆の入ったどら焼き(160円)。

 



清明堂の所在地>
◇篠山市二階町59 ℡:079-552-0159

  


2015年09月20日

丹波栗の季節

シルバーウィーク初日の昨日、「実家へ届ける、お彼岸の和菓子を買いに行こう。」ということで、丹波栗のお菓子がスタートしたばかりの丹波篠山まで。クルマ



 


主人も私も職場ではPC画面パソコンに向かうことが多いデスクワークなので、休日ドライブで窓の外に広がる自然の風景を眺めているだけでも癒されます。スマイル

 


そして義母もまた、ご一緒にいろいろなところへ出かけて、おいしいランチレストランをいただいたり、地元グルメの数々を購入したりできる休日ドライブを楽しみにしてくださっているようです。ニコニコ


午前中の所用を済ませてから、もよりの駅まで義母をお迎えに行き、篠山まで。

ネットで見つけて以来、ずっと気になっていた老舗の和菓子店で丹波栗のおはぎと栗きんとんを購入した後、

 


丹波でおそばランチレストランをいただいて、いつものお店にも立ち寄って丹波栗のお菓子を購入し、カフェスペースでコーヒーお茶休憩ケーキ

 


秋の5連休がスタートしているので、道の混雑状況を心配して出かけて行きましたが、ありがたいことに一般道も高速もまったく渋滞することなく移動することが出来、義母を実家までお送りするため神戸の市街地に戻ってからの道路状況でようやく、「やっぱり、大型連休だね...。タラーッ」と痛感した1日でした。


  


2015年04月09日

お食事処 味波季 (4/5:浜坂)

この日の早朝に自宅を出発するときは雨天雨 のため、ほたるいか祭りが予定通り開催されるかどうか、まだわかっていませんでした。

それでも、私の職場でほたるいか祭りの話が出た時に「浜坂へいくのだったら、渡辺水産の食事処レストランがおすすめ」とHさんからうかがい、ネットで調べて、ほたるいかづくしの御膳「ホタルの舞」を見た主人がとても気に入っていたので、”もし、ほたるいか祭りが中止になっていても、浜坂のどこかでほたるいかを購入して、ここでランチを食べることが出来たら、それだけでもいい。”と出かけていったクルマため、ほたるいか祭りが無事に開催されていても、「購入したお惣菜はお持ち帰りにして、実家でみんなの夕食にする。」と、結局、お昼ごはんは浜坂漁港近くのマル海渡辺水産2階の直営レストラン、お食事処 味波季へ。



 





主人のオーダーは、もちろん、ほたるいかづくしのホタルの舞(1800円)。ほたるいかの軍艦巻きに、つくだ煮、辛子味噌和え、沖漬の小鉢。



ほたるいかのサラダと茶碗蒸し。

 



ほたるいかの天ぷらと、旬のお造り盛り合わせ。

 


ほたるいかのしゃぶしゃぶ。




私のオーダーした、こころ(1600円)も海鮮三昧でした。ニコニコ



海鮮鍋。



釜飯にはしっかりかにが入っているので、かに好きの主人にもおすそ分け。カルパッチョの小鉢と茶わん蒸しもついています。

 


旬のお造り盛り合わせと、茶そば。

 


天ぷら盛り合わせ。




Hさんからうかがっていたとおり、とても人気のお店のようで、私たちが開店間もなく入ってから、どんどん来店される方々であっという間に満席になっていました。スマイル


お食事処 味波季の所在地>
◇美方郡新温泉町芦屋853 渡辺水産ビル2F ℡:0796-82-5001


  


2015年04月08日

浜坂みなと ほたるいか祭り -3 (4/5)

浜坂みなと ほたるいか祭りでは、ほたるいかだけでなく地元の海産物や特産物などの出店コーナーもあると、事前のネット情報で見ていたので、実は私はそちらのほうも楽しみだったのでした。スマイル

浜坂漁業協同組合の出店コーナーで購入したほたるいか1kg入りのパック2袋は、実家に到着してすぐに釜ゆで作業を始めました。

 


 


ゆで上げて、冷水で冷やして網ですくい、バットにあけていくと、みんなが”お味見ピカピカ”と称してつまみにきます。アセアセ 好きな人にはたまらない茹でたてのお味見なんだそうです。

森甚商店のたこ天とちくわ、オトノ商店のあごちくわ。

 




 


会場を後にしてから、”特産のちくわを我家と実家分だけでなく、義弟宅などへもお土産に買っておけばよかった...オドロキ ”と気がついて、帰宅途中にあった地元のスーパーに立ち寄った時に探してみました。森甚商店のちくわをいろいろ購入して帰って、お届けすると、みんなに喜んでいただけました。



海産物だけでなく、但馬ビーフはまだで買ったミンチカツとビーフコロッケも好評でした。

 


ほたるいかの干物3種類。

 



休日にお出かけクルマして楽しい思い出が残っただけでなく、そこで買ってきた地元のグルメたちは休日の思い出話と共に後日の食卓を彩ってくれます。



私が仕事を終えて職場を出るのが遅くなってしまった日は、主人の方が先に帰宅していることもあるのですが、そういう時でも”とりあえずのビールビールと肴”として、常備菜と共に思い出グルメはとても役立ってくれるので助かります。ハート




「また、ほたるいかのシーズン中に浜坂まで買いに行けたらいいなぁ...。」と、主人がつぶやきながら、旬のほたるいかをたっぷり味わえる夕食を、連日楽しんでいます。
ありがとうございました。ニコニコ

ホタルイカ料理百選 お品書き (浜坂町漁協婦人部創作)



<ほたるいか関係 過去ログ>
・浜坂みなと ほたるいか祭り -2 (2015.4.5
・浜坂みなと ほたるいか祭り -1 (2015.4.5
・そして、今朝は...(2015.4.5
・そして、今日は...(2014.4.25
・ほたるいかのシーズン-2 2014(2014.4.24
・そして、昨日は...(2014.4.16
・ほたるいかのシーズン☆ (2013.4.24
・いかなごのくぎ煮炊き 総集編と、ほたるいか(2011.4.14
・おうちモーニング ~そば定食~ (2010.5.11


浜坂漁港の所在地>
◇兵庫県美方郡新温泉町芦屋663-1



  続きを読む


2015年04月08日

浜坂みなと ほたるいか祭り -2 (4/5)

この日の主人実家での夕食は、浜坂みなと ほたるいか祭りの☆ほたるいかの味覚コーナー☆で買って帰ったお惣菜が食卓に並び、”ほたるいか三昧の夕べ”でした。スマイル



軍艦巻き(2貫で200円)は主人がおいしそうだと4貫入りパックを5つも買っていたのですが、みんなに大好評で、あっという間になくなってしまいました。



 


ほたるいかのお好み焼き(200円)。実は、これも会場であつあつ焼きたての時に1枚すでに食べていたんですが、自宅でレンジで温めなおしても、とってもおいしかったです。スマイル

 




ほたるいかの炊き込みごはん(200円)と共にレンジで温めて、食卓へ。

 


ほたるいかと玉ねぎの串揚げ(1本150円)。

 


オーブントースターで温めて、地元の海産物、特産物の出店コーナーで購入した森甚商店のたこ天と共に。



やはり、出店コーナーで購入した焼きいか(300円)もおいしかった。ニコニコ

 


 


実家へ帰宅後、出店コーナーで購入してきた生のほたるいか1kg入りパック2袋を釜ゆでにしていた時、最初の1kgをゆですぎて形がくずれてしまったものは、サラダに入れたり、まぜごはんの具にしたりしようかな...と、選り分けていましたが、結局、それも食卓の1品にならんでいました...。アセアセ

 


会場入り口付近の釜揚げの無料サービスの隣で、常に長蛇の列の人気だった沖漬け(200円)。本来、行列に並ぶのは嫌いな主人が、「お酒の肴にいい。ハート」と自分で並んで、(実家やご近所へのおすそ分け分も含めて)5パック購入していました。ピカピカ

 



浜坂みなと ほたるいか祭り -3 に、続きます。


<ほたるいか関係 過去ログ>
・浜坂みなと ほたるいか祭り -1 (2015.4.5
・そして、今朝は...(2015.4.5
・そして、今日は...(2014.4.25
・ほたるいかのシーズン-2 2014(2014.4.24
・そして、昨日は...(2014.4.16
・ほたるいかのシーズン☆ (2013.4.24
・いかなごのくぎ煮炊き 総集編と、ほたるいか(2011.4.14
・おうちモーニング ~そば定食~ (2010.5.11


浜坂漁港の所在地>
◇兵庫県美方郡新温泉町芦屋663-1



  


2015年04月07日

浜坂みなと ほたるいか祭り -1 (4/5)

 



第17回浜坂みなと ほたるいか祭りの風景から。

 


いろいろ買い込むだろうと車に積んである保冷バッグにしっかり保冷剤を入れて訪れたので、ほたるいかの味覚コーナーのお惣菜各種も実家での夕食用に基本はお持ち帰りでお願いしましたが、さすがにお持ち帰りできないかき揚げうどん(400円)は会場でいただきました。スマイル




小雨の中の会場は少し肌寒かったし、朝食は簡単に済ませて出発していたので、あったかいおうどんとサクサクのほたるいかのかき揚げがとてもおいしかったです。ニコニコ




まず、お持ち帰りのお惣菜各種の
買い物を済ませてから、
会場入り口付近で行われていた
無料の釜揚げサービスのところへ
行ってみました。




 


主人と息子は大好物のほたるいかですが、私はそんなに好きではなかったはずなんですが...。会場でいただいたこのほたるいかの釜揚げ↓や、おうどんに入っていたかき揚げ↑は、本当においしいと思いました。赤面

 



浜坂みなと ほたるいか祭り -2 に、続きます。



<ほたるいか関係 過去ログ>
・そして、今朝は...(2015.4.5
・そして、今日は...(2014.4.25
・ほたるいかのシーズン-2 2014(2014.4.24
・そして、昨日は...(2014.4.16
・ほたるいかのシーズン☆ (2013.4.24
・いかなごのくぎ煮炊き 総集編と、ほたるいか(2011.4.14
・おうちモーニング ~そば定食~ (2010.5.11


浜坂漁港の所在地>
◇兵庫県美方郡新温泉町芦屋663-1



  


2015年01月06日

夢の里 やながわ (12/28:丹波)

☆丹波栗スィーツで憩う☆


雰囲気のいいお蕎麦屋さんでの昼食レストランの後、食後のデザートケーキとコーヒーコーヒー夢の里 やながわにて。

 


 


先に、義弟宅へのお土産や、年末年始のおつかいものプレゼント等のお菓子を購入。スマイル

 


そして、カフェスペースでティータイム。ニコニコ

 


 


 


梅田の阪神百貨店B1に「丹波風土」という名前で入っておられるので、この本店に訪れなくても大阪でも購入できるため、今シーズンは”和のモンブラン”をよくいただいただけでなく、お正月には福袋まで購入してしまいました。福袋に入っていた焼き菓子も、おいしかったです。ピカピカ


夢の里 やながわの過去ログ>
2014.10.4
2012.10.7

夢の里 やながわの所在地>
◇兵庫県丹波市春日町野上野920 ℡:0795-74-0123 


  


2015年01月06日

蕎麦処 大名草庵 (12/28:丹波)

☆ソバ屋で憩う☆


出石から神戸へ戻る帰路の途中、昼食に立ち寄ったのは丹波の大名草庵(おなざあん)

 


ネット検索で見つけて、職場のHさんから「丹波に茅葺屋根の雰囲気のいいお蕎麦屋さんがあって、良かったよ。」というお話をうかがったことがある...と思いだしたのでした。スマイル

朝、電話予約を入れておき、カーナビに誘導されて、お店に到着。

 


そば茶と揚げそば。このタイプの揚げそばは幼い頃から子供たちが大好きで、お蕎麦屋さんへ行くと「カリカリ、ちょーだい。」と喜んで食べていたのを思い出します。この日も、奪われないうちに急いで写真撮影した後、あっという間になくなってしまいました。タラーッ



雰囲気のいい店内で過ごすひとときは、本当に落ち着けます。

 


 


主人はここのさば寿司をすごく楽しみにしていたので、さば寿司セット季節の一品つき(1600円)。他の4名はかも汁そば(つけ麺)季節の一品つき(1800円)にして、単品のさば寿司を追加オーダーしました。

季節の一品。


さば寿司セット。




単品でオーダーした、さば寿司。通常は2切れなんですが、3切れで提供していただきました。ありがとうございました。ニコニコ



かも汁そば(つけ麺)。



 


そば湯は、さらっとした味わいでした。

 


付近の風景。

 




 




 



訪れて初めて知ったのですが、このお店は昨年3月にテレビ朝日の「人生の楽園」で紹介されていたようです。


蕎麦処 大名草庵の所在地>
◇丹波市青垣町大名草1003 ℡:0795-87-5205



  


2014年10月09日

夢の里 やながわ (10/4:丹波)

☆丹波栗スィーツで憩う☆ Part 2


2012年にもおいしいお蕎麦と栗を求めて丹波を訪れた際に立ち寄っていた夢の里 やながわ。前回訪問時の旧店舗の道沿い隣にきれいな新店舗が出来ていて、店内には広くおしゃれになったカフェコーヒーもあります。ピカピカ

 


今回もまた、丹波栗だけでなく秋桜の風景に出会うことができた事も、うれしいです。スマイル

 


夢の里やながわの風景から。

 


 







店内でのお買い物(2000円以上購入)で、
カフェでも使える金券をいただきました。



主人は、「カフェで、お茶休憩コーヒーしよう。ニコニコ 」と、うれしそうでした。



ドライバーの重責を担う主人は、丹波栗プレートセット。(ドリンクとセットで、1020円)。



 


私のオーダーは、(実は、これもメニューを見て主人が気に入った...アセアセ)ブルーベリースムージー(640円)。



2度目の訪問にもかかわらず、少し迷ってしまったほど、わかりにくい場所にある店舗なのですが、たくさんの方が次々車でやってこられます。カフェも満席のため、名前を書いて店内で買い物をして待っている状況でした。

もちろん、私たちも丹波へ訪れた際には、また立ち寄りたいと思っています。ハート



夢の里 やながわの過去ログ>
2012.10.7

夢の里 やながわの所在地>
◇兵庫県丹波市春日町野上野920 ℡:0795-74-0123 
※2012年秋訪問時の店舗隣の敷地にて、新店舗となっていました。




  続きを読む


2014年10月08日

秋の味覚☆ 2014-2 (柏原町の丹波栗スィーツ)

☆丹波栗スィーツで憩う☆





柏原町の町を散策中、雰囲気に魅かれて立ち寄った明正堂

 


笑顔の素敵なお店の方にいろいろお話をうかがって、今回購入してきたお菓子たち。

 




とろとろのプリンも、おいしかったのですが...



丹波栗のお菓子も、どちらも、おいしかったです。ニコニコ

 


明正堂の所在地>
◇兵庫県丹波市柏原町柏原71 ℡:0795-72-0217





そして、観光案内所の駐車場へ戻る途中、木の根橋の大きなケヤキの木の近くにあったおしゃれなバームクーヘンのお店、まさゆめさかゆめ

 




丹波の卵、丹波米の米粉を使って
店内で焼き上げられているという、
バームクーヘン。





丹波栗をそのままつぶして羊羹に練りあげ、その中に渋皮煮をまるごと入れたという樹乃根 太鼓(栗)を購入してきました。






大阪府羽曳野市にあるというお食事処まさゆめさかゆめにも、いつか機会があれば訪れてみたいな...と、思っています。スマイル


まさゆめさかゆめの所在地>
◇丹波市柏原町柏原4-2 ℡:0795-71-1265




  続きを読む


2014年10月06日

和さび (10/4:丹波)

”旅の始まりは、事前に問い合わせをして予約を入れる時から、すでにスタートしている。” 

よく、そんなことを実感します。

小冊子に掲載されていたこのお店が気になって予約の電話ケータイを入れた時、お昼のランチタイム終了時間頃にもなお会話のむこうにかすかに聴こえるお客様のざわめきやお店の気配と、それでも丁寧に応対してくださったお店の方の印象から、お蕎麦だけでなく、このお店を訪れること自体をとても楽しみにしていました。スマイル

また、順調なドライブのおかげで開店時間より早めに到着したため、駐車場に車を停めて少し付近を散策していた時も町の雰囲気の良さに時間が足りないくらいで、「食事を終えたら、付近をもう少し散策しようね。」と言いながら、急いでお店に戻って行ったのでした。アセアセ

そんな楽しい気分のまま、門をくぐった和さびは、予想通り、とても素敵なお店でした。ニコニコ

 




 


 


お昼のランチ、竹(2500円)と花(1800円)の違いは油もの(天ぷら)がついているかどうかだけの違いとのことだったので、あらかじめひとつずつ予約してありました。

先附の胡麻豆腐。



前菜。



鯖ずし好きな主人がお凌ぎのこれをとても気に入って、お持ち帰りでも購入できないか伺っていました。(単品の鯖ずしのメニューはありますが、残念ながら、お持ち帰りはできないそうです。)



天ぷら各種。どれもさっくり揚がっておいしかったそうですが、驚いたのはいちじくの天ぷら。私も少し味見させていただきましたが、意外な食感にびっくり。いつか、我家でも試してみたいと思いました。



新蕎麦特有の色合いだという、お蕎麦。



ほのかにスダチの香りの、蕎麦湯。



デザートの、蕎麦アイスとそばぼうろ。



本当に、心地よい癒しのランチタイムのひとときを、ありがとうございました。

また訪れることが出来る日を、楽しみにしています。ピカピカ


<和さびの所在地>
◇丹波市柏原町柏原574-2 ℡:0795-72-0028

  


2012年10月12日

そばんち -2 (10/7:丹波)





揚げそばとお茶でくつろいでいると、次に出汁巻きが出てきました。卵焼きが大好きな主人の顔が思わずほころんでいました。スマイル




そして、本日の最初のミステリー駅メニューは、磯の香り(温)でした。この磯の香りを、主人がとても気にいって、めちゃくちゃおいしいとあっというまに食べてしまい、私たちの分までねらっているほどでした...。ちっ、ちっ、ちっ




ここの看板メニューである、辛味大根ぶっかけそば。

 


別に追加オーダーのそば掻き(+300円)。量的に、食べきれるかどうかわからないので、2人で半分こするつもりで2つオーダーすると、取り分け用の配慮をしてくださいました。




粗碾盛りそば。




そば三昧では、2つめのミステリー駅メニューが出てきます。この日は、そば雑炊。これも、とてもおいしかったです。ニコニコ

 


デザートのそばアイスもしくは珈琲も別オーダー(+300円)で追加できます。




冷たいものは量を食べられないという義母は主人と半分分けで、アイスは食べたいけどそばが入っているのはちょっと..と躊躇した息子は私と半分分けするつもりで、そばアイスも2つオーダーしたのですが、いざ、そばアイスがやってきて食べ始めると、結局、息子はおいしいといって抱え込んで食べてしまい、私は主人たちの方からお味見を分けてもらうことになりました。。。アセアセ

いつのまにか静かに雨が降り出して、よりいっそういい感じになった山や庭の風景を眺めながら、雰囲気のいい店内でゆったりとした時間を過ごして、おいしいおそばのフルコースをいただき、とても心安らぐランチタイムだったと思います。

お会計の後、また駐車場まで見送ってくださったご主人に少しお話をうかがうことも出来、ご自身で作られたという看板の写真も撮らせていただきました。

初めて訪れたにも関わらず、まるで、ずっと昔から知っている方のお宅を訪ねて、くつろぎながらおそばのフルコースでおもてなしをしていただき、帰りには車までお見送りしていただいているかのような、そんな気分にさせていただけるのが不思議です。

月・水には、予約不要の「そばらんち」ということで、「そばんち会」スタッフの方が運営する少し割安のメニューがあるそうですし、木・金・土・日の予約制そば屋のその日のお楽しみであるミステリー駅の他のメニューも食べてみたい気がします。




いつかまた、ゆっくりとおいしいおそばをいただきに、うかがいたいと思っています。ありがとうございました。赤面


<そばんちの過去ログ>
2010.10.7 (そばんち-1)

そばんちの所在地>
◇丹波市市島町梶原125

  


2012年10月12日

そばんち -1 (10/7:丹波)

私はおそばが好きなのですが、主人はあまりそば好きではありません。そのため、なかなかおそとランチでそばを食べに行く機会はないのですが、丹波・篠山方面に関する情報をいろいろネット検索していた際に、ここ、そばんちの紹介記事に出会って、とても強くひかれるものがありました。

 


そして、ただ、おいしいおそばを食べるだけでなく、おそばをいろいろアレンジしたコースで楽しめるという、このお店の遊び心あふれるスタイルに主人も興味を持ってくれて、事前に予約を入れておくことになったのでした。スマイル




完全予約の日には、前日までの予約の際にオーダーするものもお伝えしておくことになっているとのことなので、ランチのフルコースにあたるそば三昧(2400円)でお願いしておきました。

とても景色のいいところに、雰囲気のあるお店があります。店先にも、道を隔てたむこうの畑にも、蕎麦の白い花が咲いていました。ニコニコ

  


車が到着すると、ご主人が駐車場内の誘導をかねて出迎えにきてくださいました。

  


店内から見える景色も、とてもいい感じです。

 


メニュー表を見て、”今日のミステリーメニューは何かな?”と、わくわくして待っていると、最初の揚げそばとお茶が運ばれてきました。




そばんち-2へ続きます。

そばんちの所在地>
◇丹波市市島町梶原125

  


2012年10月11日

安食の郷 (10/7:丹波)




「おかあさんは、ここでお肉やコロッケやハンバーグなどをかうために、保冷ボックスにいっぱい保冷剤をいれてもってきていました。スマイル

「3こいりのミンチかつやハンバーグは、おばあちゃんへのおあじみとしてわけました。ニコニコ


   *****************************


一般道を走って丹波へむかうのは初めてだったため、かなり早い時間に義母と合流して出発していたのと、ランチレストランの予約を取れた時間が遅めの時間だったため、まだまだ予約時間まで充分すぎるくらいの余裕がありました。

そこで、本当は食事の後に訪れるつもりだった高見牧場の直売点である安食の郷に、先に訪れることになりました。

 


 


店内には、お肉のショーケースだけでなく冷凍のお総菜や近辺でとれた野菜などが売っている他に、簡単に食事をするテーブル席があって、各種定食やカレーなどを食べることができ、すごく賑わっていました。

もつ鍋スープが1カップ100円の特別料金でセルフサービスで販売されているので、私と義母が買い物をしている待ち時間に主人が買って、食べていました。スープと言っても、ホルモンや大根、にんじんなどの具だくさんで、少し味見をさせてもらいましたが、ホルモン系が苦手な私でもおいしくいただけました。

各種定食は、お持ち帰りのお弁当にしていただくこともできるということだったので、”帰宅後の夕食用にお願いしようかな...。”と思いつつも、思っていたよりも早いペースでスケジュールが進んでいることもあり、義母を神戸まで送っていく途中、篠山付近を通って三田へまわることになったため、ずっと持ち歩いてさめてしまうことを考慮して、断念。

同じ市島町内に、グルメリア但馬市島店(兵庫県丹波市市島町上田46 ℡:0795-85-2612)という直営レストランレストランがあるようなので、いつか、そちらへもうかがってみたいなぁ...と思っています。ピカピカ


安食の郷の所在地>
◇丹波市市島町勅使  ℡:0795-85-4129


  


2012年10月11日

夢の里 やながわ (10/7:丹波)

 


「丹波栗のくりーむぶりゅれと、栗のペーストをつけてたべるわらびもちです。スマイル

「このあと、おそばのランチコースをたべにいくのに、おとうさんはマロンパイをかって車の中でおいしそうにたべていました。。。ヒ・ミ・ツ


  *****************************


”秋の丹波篠山方面へ、出かけたい。”という義母のお話をうかがって、いろいろその方面について調べていると、私の気持ちのどこかにも訴えてくるものがあったのが、この”丹波伝心 夢の里 やながわ”と、同じ丹波市にある予約制のおそばのお店でした。

夢の里 やながわ本店の店内には、ちょうど栗のシーズンが始まったばかりで、秋の丹波栗スィーツがいろいろ出そろっていました。

 


 


ネットで見て、すごく気になっていた、和のモンブラン。栗ペーストがたっぷりかかったスィーツです。ニコニコ




自然な栗の甘味をしっかり味わえる、栗のペーストが魅力のお菓子がいろいろありました。メロメロ

 


店内の風景から。

  




店内にある喫茶コーナーで、
お茶コーヒーと共にお菓子をいただくこともできるようですが、
この後に、お昼ごはんが待っているので、
残念ですが、あきらめました。

(主人は、それでも、マロンパイを買って、
 車の中で、しっかり食べていましたが...。アセアセ


大阪の阪神百貨店にも出店されているようなので、栗のシーズン中に大阪の実家へ行く機会があれば、丹波栗のスィーツをお土産に買っていきたいと思います。ピカピカ


丹波伝心 夢の里 やながわの所在地>
◇丹波市春日町野上野889-1 ℡:0795-74-0123