2015年11月07日

そして、昨日は…

ここに、いました。





  


Posted by Dreamer at 05:15お出かけ (東京)

2015年08月10日

一期一会の風景 2015.8

今回、義母と2人で行った東京旅行で泊まったホテルは、昨年2月末から3月にかけて家族旅行として主人や息子とともに4人で出かけた際に宿泊した、第一イン池袋でした。

ホテルの部屋から見た、街の風景。




娘がこの街で暮らすようになるまで、ただテレビの中継画面などで見ていた風景の中に、だんだん身近な場所が増えていく。

最近では、地元での生活の行動範囲が狭くなって限られてきている分だけ、関西圏のデパ地下よりも、娘のところに行った際に池袋や東京駅近辺のデパ地下で買い物することの方が多くなっているんじゃないかな...と思ったり、娘の地元のスーパーやコンビニの親切なスタッフの方の対応にほっとしたり、お気に入りのお蕎麦屋さんの前を通ると大将や女将さんの顔が浮かんで、後に食事の予定が入っているのに、つい、お店に入ってお蕎麦を食べたくなってしまったり...。

だけど、それは、あくまで”期間限定の生活圏であり、臨時の地元感覚”なのだと、どこかで少し引きがちに見ている部分もあって...。



人との出会いって、本当に、”一期一会”なんだな...と、しみじみと思います。

ある時、ご縁があって、出会って以来ずっと、とても身近に感じていたはずなのに、ちょっとしたきっかけで、不思議なくらいに遠くなってしまう。

そして、またご縁があれば、なにげないきっかけで、また身近なところに存在していたりもして。



人だけではなく、場所とのご縁も”一期一会”。




”一生に一度の出会いであるということを心得て、亭主・客ともに互いに誠意を尽くす心構え”で相対する関係だからこそ、2度と巡っては来ないはずの出会いが何度も繰り返されて、絆がつながっていくのだろうと、思います。


長所があれば、その反面、短所があるのもまた、人だけでなく場所も同じ。

相手のいい面を尊重し、短所を理解し乗り越えて、気持ちのいいおつきあいをしたいという想いが続くのは、結局のところ、相手から私に対しても、誠意をもって、尊重し大切にしていただいているという実感を持ち続けていられるから...なのだろうと、思います。


無理をすると、何事も、続かないものだから。


日常生活のあたりまえの日々においても、さまざまな人や場所との出会いの中に、”一期一会”の心構えを忘れないようにしていきたいと思うのです。



  続きを読む


Posted by Dreamer at 06:55お出かけ (東京)

2015年08月04日

3世代女子会 東京旅行 2015.8

娘が社会人になって引っ越してから、2年と半年近くが過ぎました。

実際に生活をしていくうちに気づいたことがいろいろあって、”2013年3月の引っ越し当時にとりあえず運び込んだ際の家具や家電の配置を、若干変更する必要があるのではないか”と、主人や私が仕事や所用で関東へ出かけて彼女の部屋に立ち寄った時に娘と話していました。

”3年目の契約更新をせずに、引っ越しする可能性もあるから、その際にきちんと考えよう。”と言っていましたが、結局、契約を更新することになり、今年の春からずっと、娘の部屋の模様替えが課題です。


そして、2013年2月に部屋探しをして、契約をする際にご一緒していただいた義母もまた、孫娘の日常生活の状況を心配してくださっていたこともあり、「家具や家電の模様替えの前に、(私とともに義母も)大掃除の手伝いに行く。」とのことで...。(身内からは、「私よりずっとしっかりされている義母がご一緒してくださるのは、心強い。」という声も...。ヒ・ミ・ツ


週末もいろいろスケジュールがあって忙しい娘と、私の体調を考慮しながら、週末の予定をなんとかあわせることが出来たので、先週土曜日の午後に義母と待ち合わせをして、東京へ向かいました。新幹線




春からずっと、「入居2年を過ぎた区切りなので、掃除と片付けの手伝いに母が行く。」と言われていただけでなく、先月からは「母と一緒に、おばあちゃんも手伝いにやってくる。」ということになったプレッシャーが効いたのか、娘が自分で断捨離と片付けに励んでいた成果があって、若干、気が付いていなかったであろう細かい部分の掃除を手伝っただけで、あっという間に、今回のミッションは終了。拍手


もともと大掃除旅行のつもりだったし、関東は猛暑日晴れが続いていることもあるしで、特に観光する予定はなかったのですが、週末(土日)の夕食だけは”3世代女子会”ということで、娘にお店の予約を入れてもらってありました。

土曜日のディナーレストランは私のリクエストで、”義母に喜んでいただけそうな和食のお店”。

 



日曜日のディナーレストランへの義母のリクエストは、”(娘)が行きたいお店なら、どこでもいいよ”。ということで、不思議の国に入り込んだような気分になれるアリスの世界のお店へ。

 



後は、日中暑い時間帯は娘の部屋で3人でのんびりしたり、夕方、暑さが少し穏やかになった時間帯に駅前のデパートなどでお買い物をしたり。最終日の朝は、義母と2人、ホテルの部屋でゆっくりしてから、銀座や東京駅付近で無理をしない程度のデパートめぐりをして...という、週末の3世代女子会 東京小旅行でした。スマイル


  続きを読む


Posted by Dreamer at 11:37お出かけ (東京)

2015年08月03日

そして、今朝は…



ここに、いました。





  


Posted by Dreamer at 15:20お出かけ (東京)

2015年08月03日

そして、昨夜は…

ここに、いました。



  


2015年08月02日

そして、今朝は…




ここに、います。




  


Posted by Dreamer at 06:34お出かけ (東京)

2014年10月27日

じゆうさん (10/22:新江古田)

☆ソバ屋で憩う☆


先月、杉浦日向子さんの著書を続けて数冊読み、もともとお蕎麦好きだったこともあって、”ソバ屋で憩う”ということがマイ・ブームになっています。スマイル

そしてこの日、ネット検索で出会ってからずっと気になっていた、じゆうさんを訪れてみました。

 




オーダーしたのは
おすすめの十割コース(2000円)。





十割せいろ。



小さなにしんそば。






そば湯で、ほっこり。






甘味は、イチジク焙じ茶 ゼリーよせ。




店内の風景から。

 


新江古田「じゅうさん」-名店の呪縛から解かれた男が生み出す、器の中のエンターテインメント
(ダイアモンド社 書籍オンラインより)




じゆうさんの所在地>
◇東京都中野区江原町3-1-4 ℡:03-3951-3397



  


2014年10月27日

素顔のままの、いけふくろう君

いつの頃からか、”池袋のいけふくろう君を見に行く。”ことが、私のお約束になっていて...。キョロキョロ アセアセ




その時々、スノボに乗っていたり、
花笠まつり風だったり、
いろんな扮装をしていたけれど、
今回は、
そのままのいけふくろう君でした。





何にこだわるのかっていうのは、人それぞれ。同じ風景を前にして、意識しているかいないかも、人それぞれ。




東京への移動は今まで新幹線が基本だったけど、今年6月に初めて夜行バスを利用して、今回は飛行機で神戸空港から羽田空港へ



何が正しいとか、絶対こうでなければいけないとか、そういうものではなく、いろいろなバリエーションがあって、その時々にふさわしいチョイスがあって、その人にとって自然体で選択できるものが個人的な正解なのだろうなぁ...と。



素顔のまま(Just the way you are)ってことも、飾りっ気ないというひとつのバリエーションとして、いいものなんじゃないかな...と、思う。


  


Posted by Dreamer at 08:27お出かけ (東京)

2014年10月23日

そして、昨日は…

ここに、いました。





  


Posted by Dreamer at 10:04お出かけ (東京)

2014年07月07日

豊島園 庭の湯 (6/28)

ようやく娘が休日で、一緒にゆっくり過ごせたこの日は、彼女の部屋で家事を済ませた後、豊島園 庭の湯温泉マークへ。電車

 


 


「母娘2人で、日帰りで何処かの温泉にでも行こうか。」と、事前にいろいろ調べていた際、ちょうどこの時期に、豊島園庭の湯が”11周年記念キャンペーン”を行っており、入館料に昼食のステーキ重セットがついた記念チケット(3900円)の販売をしているのを見つけたのでした。スマイル

ここは中学生未満のお子様は利用できない大人限定の施設であるため、館内はどこもゆったりと落ち着いていて、また東京都内でありながら豊島園の遊園地に隣接するロケーションのため、水着着用のバーデゾーンからそのまま散策できる庭園は緑豊かで静かな処でした。ニコニコ

(食事処以外の館内では、当然、撮影ができないので、
館内風景はいただいたパンフレットより転載↓。)

 


ガラスの壁の向こうの庭園の緑が清々しい、明るくて広いバーデプール。とても気持ちが良くて、定時になると歩行浴ゾーンで行われる自由参加のアクアストレッチングやアクアトレーニングにも参加しました。屋外にある天然温泉ジャグジーを楽しんだり、屋外フィンランドサウナで開催されたアウフグースプログラムに参加したり、庭園内を散策したり、娘と共に、時には別行動したりもして、思っていた以上に充実した時間を過ごすことができました。ピカピカ


食事レストランを終えた後、温泉のある浴場温泉マークにむかう前に休憩したzzz リラクゼーションルーム。女性専用のコーナーもあり、ゆっくり安心してくつろげるスペースでした。ハート



温浴ゾーンは、天然温泉の露天風呂があったり、炭酸泉、軟水、サウナなどがありましたが、私には泉質のナトリウム-塩化物強塩温泉との相性があまり良くなかったのか、湯温の関係からか、あまり長く湯の中にゆっくりしていることができず、ひととおりゾーン内を廻って、娘と共に庭の湯を後にしたのでした。(午前中、バーデゾーンで、身体がふやけてしまうのではないかというくらいにゆっくりした後だったので、すぐにのぼせてしまったからかもしれない...。キョロキョロ アセアセ


豊島園 庭の湯の所在地>
◇東京都練馬区向山3-25-1 ℡:03-3990-4126






  続きを読む


Posted by Dreamer at 18:51お出かけ (東京)

2014年07月06日

緑のある風景 2014.6

この日、本当は小石川後楽園へ散策に行こうと思っていたのですが、午前中、せっかく天気が少し回復していたので娘の部屋でまとまった洗濯をしたり、あちこち掃除をしたり、出かける寸前に洗濯ものを室内干しに移動したりなどのあれこれで部屋を出るのがかなり遅くなってしまったことや、午後からは小雨雨 が降りだしてしまったことから、スケジュールを変更していました。

でも、街中を歩いていても、あちこちのさりげない緑の風景植木鉢の雰囲気に、いい感じだなぁ...と、つい、デジカメカメラやスマホカメラを取り出すことが多かったです。スマイル

主人が翌日の仕事のため前泊で泊まったホテルは、”伝統の技や意匠を取り入れた和の様式とモダンなデザインの調和”がコンセプトだということで、チェックインして荷物を置くために立ち寄った際のロビーの雰囲気や庭の風景もとてもおしゃれなところでした。ピカピカ 

 


 





御茶ノ水付近を散策中に見た
紫陽花。






  続きを読む


Posted by Dreamer at 05:53お出かけ (東京)

2014年07月05日

mAAch ecute 神田万世橋 散策 -2

mAAch ecute 神田万世橋 2階展望デッキと、旧万世橋駅遺構の風景から。



 


 


 


時間が止まっているかのような静かな空間と、ひっきりなしにすぐそばを電車が通り抜けていく展望デッキ。

 


次は、2階のカフェ「N3331」でのんびりお茶コーヒーをいただきながら、そこから見える風景を眺めてみたいと思っていました。

 



mAAch ecute 神田万世橋の所在地>
◇東京都千代田区神田須田町1-25-4 ℡:03-3257-8910




  続きを読む


Posted by Dreamer at 14:12お出かけ (東京)

2014年07月05日

mAAch ecute 神田万世橋 散策 -1

御茶ノ水駅付近は、今年3月にひとりで散策したところでした。

今回は、昨年9月にオープンしたというmAAch ecute 神田 万世橋を訪れてみました。

 


”1912年(明治45年)に開業し、1943年(昭和18年)に休止駅となったという万世橋駅の階段、壁面、プラットホームなどがよみがえった空間の中に存在する商業施設”とのことです。

 




2階は、昔の駅のホームで、展望デッキとカフェになっています。

 












  


Posted by Dreamer at 06:12お出かけ (東京)

2014年07月04日

金魚が泳ぐ風景 At 日本橋 高島屋

銀座から東京駅方面にかけて、デパート巡りをしている際に出会った、”涼しさと水中の美”の風景。(日本橋高島屋正面ホールにて)



 



このホールの片隅に、
日本橋アートアクアリウム2014
~江戸・金魚の涼~

ご案内が掲示してありました。
2014.7/11~9/23
COREDO室町
日本橋三井ホールにて開催






  


Posted by Dreamer at 19:03お出かけ (東京)

2014年06月30日

富士山は雲の中

今回の私の東京行きは、”主人が週末に仕事の関係で出かけるので、休日を取って前々日から娘のところへ行く”という話がまず最初にありまして...。アセアセ

平日は朝早く家を出て出勤し、帰宅も遅くなる生活をしている彼女ですので、”事前に、来客用のふとんの準備から部屋の片づけをしておくということが負担になったらかわいそうだな...。”という、母の想いがありました。タラーッ

そんな中、偶然、この週末は職場が連休となって、木曜日の仕事を終わらせてから、私も一緒に出かける新幹線ことになったのでした。スマイル

「父が来る。」となると、お客様を迎える最低限の準備をしておくのは娘の仕事となりますが、「母が来る。」となると、”部屋に到着したら、まず片づけや掃除をして、夕食の準備をして待っていてもらえる。ハート”という展開になります。そして、そんなふうに期待されているのがうれしくて、いそいそと出かけて行くのは、やはり、親バカだなぁ...と、自分でも思います。赤面

金曜日は、朝から掃除や洗濯等々、いつものように娘の部屋で家事を済ませて、主人の所用につきあって出かけて行き、一緒に夕食を済ませてから、前泊のホテルへ向かう主人と別れて、デパ地下やスーパーで買い物をし娘の部屋へ戻って夕食準備をするという、場所が違っていてもほぼ日常に近いスケジュールで...。

土曜日は、仕事を終えた主人と夕食で合流するまで、娘と2人、のんびりと過ごした1日でした。ニコニコ

最終日の日曜日は、親子3人でゆっくりと朝を過ごし、ランチレストランを食べに出て、そこで娘と別れて東京駅へ。


「晴れ男晴れ」を自称する主人ですので、今回の東京滞在中は連日小雨雨 が降ったりやんだりなのが、「おかしいなぁ...?」とずっと言い続けていて、私たちが新幹線に乗り込む頃にようやく明るい陽がさしているのにも、不思議がっていました。


そんな帰宅途中の新幹線新幹線から見た富士山。



最初は、雲くもりの中に、ほんの少し山頂が見えていましたが、あっという間に雲入道雲に隠れて見えなくなってしまいました。




そして夜、帰宅して観たテレビテレビのニュースでは、”夕方から東京は大雨雨 ”と伝えており、私たちの滞在中、雨が降っても小雨で、ほとんど傘がいらない状態だったことは、ありがたいことだったんだなぁ...と、しみじみ。

次は、きれいな富士山が見えますように。ピカピカ



  続きを読む


Posted by Dreamer at 12:29お出かけ (東京)

2014年06月29日

そして、今日は…



ここに、いました。

山形のさくらんぼ狩りへ誘う、
いけふくろう君。




  続きを読む


Posted by Dreamer at 16:18お出かけ (東京)

2014年06月27日

紫陽花の花の風景

散策途中で出逢った、紫陽花の花。



もうすぐ、7月になります。

  


Posted by Dreamer at 22:41お出かけ (東京)

2014年06月08日

新幹線の車内にて

翌日は仕事なので、疲れを残さないように、帰りは新幹線新幹線でした。

 


お昼ごはんがブッフェだったので、夕食用のお弁当はなしにして、主人も缶ビールとおつまみが夕食替わり。

  


”できるだけ、朝と昼にしっかり食べて、夜は軽めに”という、日常ペースへの切り替えでした。スマイル


  続きを読む


2014年06月05日

癒される場所と食事についての雑感

先月末の東京滞在は観光目的ではなく、いろんな所用があったのですが...。


そんな中でも、3月の訪問時に立ち寄って癒されたお蕎麦屋さんのランチタイムに訪れてみたり...。

 


 


あいかわらず無口でぶっきらぼうなご主人でしたが、それでも少しかわした会話で前回の事を思い出してくださって、今回ものんびりゆったりした気分でおひるごはんをいただきました。スマイル



娘と一緒の晩ごはんには、3月の焼き肉ディナーのリベンジを計画したり...。

 


今回のお店は、スタッフの方の対応すべてに気遣いを感じて、ひさしぶりの焼き肉をおいしそうに食べている娘の笑顔がうれしくて、私も幸せな気分になれたひとときでした。ニコニコ



人間として生きていくうえで食事をすることはどうしても必要な時間であるのならば、心からくつろげる時間であって欲しいから。

どこでいただいた食事であっても、後々振り返ってみて、「あの時は、楽しかったね。」と思えるような、おそとごはんの記録をたくさん残せていけるようであればいいな....。と、思います。

  


2014年06月04日

初めての夜行バス☆



娘の就活中には、新幹線新幹線だけでなく、いろいろな夜行バスを利用しましたが、一番よくお世話になったのがVip Linnerだったそうです。

金曜の夜に仕事を終えて出発して、土曜の早朝には東京に到着していることが魅力だったこともあり、今回、初めて夜行バスを利用して出かけて行きました。スマイル


大阪で主人と合流して、乗車前に夕食レストランのため立ち寄ったのは、以前、ランチに訪れたことのあるお店(とりで)でした。



 


 


乗り物酔いしないように、軽くすませるつもりではありましたが、気持ちだけ...ビール赤面


Vip Linnerの利用客はバスの出発時間まで大阪Vip スタンドを利用できるため、時間的に夕食を食べる余裕がなく駆け込んでも、この待合室にはドリンクやお味噌汁のサービスがあるので、おにぎりおにぎりやお弁当を持ち込んで軽食を取ることができるようです。ニコニコ




定刻になるとチケット確認の後、バスの乗車場所まで案内していただけます。ドキドキしながら、バスに乗り込み、出発しました。ピカピカ


出発するとまもなく、車内は消灯されます。この後は、約2時間ごと?にトイレ休憩をかねてSAに停車するまで、おやすみなさい。zzz


寝ぼけ眼で降車してみた浜松付近のSA。意外だったのは、深夜でも駐車場には同じような夜行バスや、乗用車やトラックなどがいっぱいで、お土産売り場や売店も営業しているところがあったことでした。オドロキ

主人は、おつまみ用のうなぎボーンを見つけて、うれしそうに購入していました。



海老名SAでは、車内の乾燥のため喉が渇いていたので、アイスクリームソフトクリームを買って食べました。




早朝に、東京駅に到着。娘が就活の際に、よくお世話になっていたという東京VIPラウンジにも立ち寄ってみました。



”隣の座席が身内や友人でなく、まったく知らない方だったら、トイレ休憩などで降車する際に気をつかうだろうなぁ...。”ということと、リクライニングできる座席とはいえ、やはり慣れない夜行バスで長時間乗っていた姿勢が悪かったのか、その後しばらくちょっと身体の節々が痛かったことを除けば、楽しかった初めての夜行バスの旅でした。ハート

  


2014年06月01日

そして、昨日は…


ここに、いました。









ここは山形ではなく、池袋駅のいけふくろう君の像なんですが…観光キャンペーン大使を務めているのでしょうか…?

ちなみに3月初めには、マフラーをしてスノボに乗っていました。アセアセ



  続きを読む


Posted by Dreamer at 15:45お出かけ (東京)

2014年04月13日

東京観光の思い出 最終日 (3/2)

東京家族旅行の最終日。

午前中、主人は義母を銀座観光へご案内し、私は前日から息子が泊りに行っていた娘の部屋へ出かけて行って、お昼前に銀座で全員が合流しました。

百貨店でお土産プレゼントを購入した後、歌舞伎座へ。




歌舞伎座の風景から。




木挽町広場

  



屋上庭園

  


  
タグ :歌舞伎座


Posted by Dreamer at 07:18お出かけ (東京)

2014年04月05日

はとバス 東京観光の思い出 -3 「隅田川下り」 (2/28)

この日のはとバスツアーの最後は、隅田川下り(TOKYO CRUISE  隅田川ライン)。




雷門から浅草駅方面へ歩いて約5分、吾妻橋のほとりに水上バスの乗り場があります。

 


そこで手続きをすませ、一般の乗客の方々と共に乗船して、40分のクルーズがスタートします。スマイル



キラキラ光る水面を見つめながら、ゆっくり進む水上バスに乗っていると、”音符春のうららの隅田川音符って歌があったなぁ...。”と思いつつ、時折、ウトウトzzzしてしまったり...。



静かで穏やかな時間が流れていきました。ニコニコ


途中、浜離宮で下船する方もおられますが、はとバスツアーは日の出桟橋まで乗船し、そこでお迎えのバスに乗って出発地の東京駅丸の内南口まで戻ります。

つまり今回参加したツアーは”はとバスツアー”と言ってもほとんどバスで移動することなく、自由散策と船での個人&グループ移動がほとんどだったのですが、そんな短い移動のバスの中でのバスガイドさんの案内が楽しくてとても参考になったり、いろいろな場所で団体扱いでの観光ができたというメリットがとても良かったと、思います。



  


Posted by Dreamer at 15:26お出かけ (東京)

2014年04月05日

はとバス 東京観光の思い出 -2 「浅草寺~仲見世」 (2/28)

米久本店での食事レストランを終えたら、次は浅草駅と吾妻橋付近にある水上バス発着場での集合時間まで、浅草寺や仲見世通りの自由散策でした。

 


今まで雷門通りの前を通りがかったことはあっても、浅草観光は初めてでしたが、米久本店のあるひさご通りからテレビテレビなどで観たことがある浅草花やしきの前を通って、浅草寺には本堂近くの門から入って参拝し、宝蔵門を抜け、仲見世通りを歩いて雷門にむかうという通常の観光ルートとはたぶん逆ルートの散策だったような気がします。アセアセ

そんな浅草観光の風景から。

浅草を歩いていると、遠景にさりげなくスカイツリーが見えてきます。

 


 




 


昼食を済ませたばかりでお腹がいっぱいだったのに、店頭で焼きあげる人形焼きを木村屋人形焼き本舗で購入。これは、ホテルの部屋に戻ってからいただきました。

 


2月下旬なのにこの日の東京は汗ばむくらいに暖かかったので買ってみた、バスガイドさんおすすめの舟和の芋ようかんソフトクリームソフトクリームと抹茶ソフトクリーム。

 


そして、まだまだ、”The 観光客”のはとバスツアーは続くのです。。。



To be continued.
  


Posted by Dreamer at 12:07お出かけ (東京)

2014年04月03日

はとバス 東京観光の思い出 -1 「東京スカイツリー」 (2/28)

娘が出勤の金曜日、4人で東京観光するため予約を入れていたのは、はとバス「東京スカイツリー天望デッキと下町老舗の味」コースでした。




昨年の夏、義母が息子と共に東京観光へ訪れた際にも、到着その日に横浜行きのはとバス観光を予約されていて、移動はバスのため楽だし、主な観光地を案内してもらえるし、食事付きのコースだと完全になにもかもツアースケジュールにおまかせで楽しめたということだったので、今回もまた、”The 観光客"としてただ楽しむために参加したコース内容はこちら↓です。

東京駅丸の内南口(9:10発)

[9:40~11:30]東京スカイツリー天望デッキ(地上350mからの展望・80分)

[11:40~12:45]浅草下町味覚(昼食・50分 米久にて「牛なべ」

[12:45~13:55]浅草観音と仲見世(自由散策・50分)

[14:05~15:00]隅田川下り(乗船:浅草~日の出・40分)

東京駅丸の内南口(15:20着予定)


*****************



東京スカイツリー 展望デッキ(地上350mからの風景)

駐車場にバスが到着すると、団体専用入り口から入り、専用エレベーターで上がってからは集合時間まで自由行動です。

  


この日は「急いで行くと、さらに100m上の展望回廊まで廻ってもギリギリ間に合うかも...。」ということでしたが、ゆっくりまわって、お土産も少しは見たいということで、展望回廊はパスしました。(※ちなみに、展望デッキまでの入場料ははとバスのツアー料金に含まれていましたが、展望回廊へは別料金が必要とのことでした。)


 


 





バスの集合時間まで若干余裕を残して4階へ移動し、「Tree Village」でウケねらいのお土産プレゼント探しも...。スマイル

 



  続きを読む


Posted by Dreamer at 18:13お出かけ (東京)

2014年03月24日

東京の思い出についての雑感 2014.3

2月末から3月初めにかけての家族旅行と、中旬にひとりで娘のところを訪ねていった東京の思い出についての雑感。

どちらも同じ3泊4日の日程だったけれど、その内容と自分にとっての充実感の手ごたえは全然違います。
けっして、どちらがいいとか悪いとかいう違いではなくて、目的として向かうところのベクトルが全く違うので比較できない、むしろ比較しても意味がない...という気がします。


最初の家族旅行では、昨年の娘の家探しの時もおつきあいいただいたり、昨春から息子がずっとお世話になっている”義母に楽しんでいただくための観光”という目的がメインだったので、はとバスで東京スカイツリーや浅草などを観光したり、江ノ電定期観光バスで鎌倉を巡り江ノ島まで出かけたりしました。
どちらもバスガイドさんの案内に従っているだけで効率的にいろいろなところが観光出来て、移動も基本はバスなので楽だし、どちらも昼食付きのツアーだったのでどこに行こうか考えなくてもいいし、自分で予約を入れておかなくてもお店につけばすぐに席に案内され、決められたメニューが出てくるのをいただくだけでいい。そんな日帰り観光バスの時間には、すべての気遣いはバスガイドさんが行ってくださるので、完全に受け身で、お客様のひとりとして、ただ楽しむことが出来ました。



2度目にひとりで訪れた時は、突然決まった娘の親知らず抜歯手術がかなりややこしそうだったので、”できれば、術後の週末は付き添って、フォローをしたい。”という母の想いから、仕事のシフト交替をお願いして、職場や同僚にご迷惑をかけることを申し訳なく思いながらも出かけて行きました新幹線

そのため、この時は大学病院へ付き添っていった日が一番の遠出で、後はスーパーなどに必要な買い物に出たり、娘の依頼で彼女が必要な本を大型書店まで買いに行ったりしたくらいだったのですが...。

抜歯手術の翌日、娘に遅めの昼食を食べさせて、彼女が休んでいる間に買い物に出かけた夕方、ずっと気になっていた小さなお蕎麦屋さんに立ち寄りました。”商い中”となっていたので、のれんをくぐって扉を開けて伺ってみると、女性の方が少し悩んでご主人に確認して、”どうぞ”と迎え入れてくださいました。

お通しをいただきながら、いろいろうかがってみると、基本は夜は2名以上5名まで1組だけの予約コースのみで、こだわりの日本酒とお料理とお蕎麦を楽しんでいただくのだけれど、その日はたまたま女性2人の方の予約で席があったことと、予約時間まで若干余裕があったので、入れていただけたとのことでした。

ほとんど無口で、無表情で調理しながら、時折、ぶっきらぼうに女性の方に指示を出すのみのご主人の様子に、飛び入りでお邪魔したから、ご機嫌を損ねてしまわれたのではないかと気にする私に、「いつも、ああなんです。職人気質ですから。でも、味は自信を持ってますよ。おいしいです。」と笑顔で答えてくださり、まるでご主人の分をフォローするかのようにいろいろ明るく話してくださいました。

天ぷら盛り合わせと十割蕎麦のセット。

 


本当に小さなカウンターだけのお店なのですが、最初はぶっきらぼうだと思っていたご主人が途中からぼそぼそと会話に加わってくださった様子に、むしろほんわり温かい雰囲気の中で、とてもおいしくお蕎麦をいただくことが出来ました。

話の流れで、関西から娘を訪ねて来ている事情をお話すると”母の想い”に共感してくださり、帰りには「今度は、ぜひご主人や娘さんと一緒に来てくださいね。」「お母さんも、くれぐれもお身体に気をつけて。」と見送ってくださったお気持ちが、とてもうれしかった私です。スマイル



そして、娘のおつかいで出たジュンク堂池袋本店の、地下のコミック売り場には...。


「いろんなマンガ家さんの
 色紙とか原画が飾ってあって、たぶん、
 お母さんの好きな萩尾望都さんだと思う
 イラスト原画もあるよ。」
との娘の言葉どおり、エドガーとアランの
肖像画が飾ってありました。メロメロ



2回目は、最大の目的である”娘の世話をしにいく”という母の自己満足だけでも充分なはずだったのに、思いがけない”湯島聖堂と聖橋でゆっくり過ごす散策の時間”を持てたり、隠れ家のような素敵なお蕎麦屋さんとの出会いがあったり、エドガーの原画が飾られている私にとってある意味聖地のようなスポットに立ち寄れたり。
最終日には、彼女が仕事で遅くなった時よく夕食に立ち寄っているという和食店で一緒にランチを食べたり(娘はまだおうどんと茶碗蒸しという状態でしたが...。アセアセ)、買い物をしたり。

そんなふうに過ぎた4日間には、観光で過ごした前回の4日間とはまったくベクトルが違う充足感があったなぁ...と、心から思います。



  
タグ :東京


2014年03月16日

新幹線の車内にて…



「まるで、おたふく風邪みたいだね…。タラーッ」というくらい腫れた頬をマスクで隠して、それでも娘は自分の所用ついでに、新幹線新幹線の改札まで見送ってくれました。

明日からまた彼女の日常が始まると、母は、遠くで気遣うことしか出来ないけれど…。アセアセ


“とにかく、出来るだけのことはやり遂げた週末だった。”

と、自己満足出来る事だけが、救いです。

  続きを読む


Posted by Dreamer at 17:22お出かけ (東京)

2014年03月15日

檸檬の歌詞が見える風景の中で…

昨日の朝、娘から「長い待ち時間をただ待合室で待つだけだったら、すぐ近くに湯島聖堂とか聖橋があるから、散歩に出ていていいよ。」と言われ…。

そこが、「檸檬」の歌に出てくる聖橋に近い事を初めて知りました。



“食べかけの檸檬 聖橋から放る 快速電車の赤い色が それとすれ違う” (さだまさし「檸檬」より)



遠い昔、好きだったその歌の歌詞の中に出てくるその情景と想いを探しているうちに、あっという間に時間が過ぎていました。



  続きを読む


2014年03月14日

そして、今日は…

ここに、いました。








  続きを読む


Posted by Dreamer at 16:45お出かけ (東京)

2014年03月06日

2~3月の風景 2014 in Tokyo



昨年の2月中旬には娘の家探しのため義母と娘と私の3人で東京に訪れ3月末には家族4人で訪れて引っ越し作業を行っていました。あれから、1年。

義母と息子は、"大学の春休み中に、観光がてら一緒に(娘に)会いに行こうか"と、東京旅行のスケジュールを立てており...。

私も、"春になったら、彼女の様子を見に行こう"と予定していたら、先月末、職場の同僚からの依頼によるシフト変更により思いがけずまとまった連休になった期間に、主人もまた有休が取れるということになり...。



結局、今回は、4人で出かけていく新幹線ことになりました。スマイル

4人(週末は娘も加えて5人)と言っても、一応は団体行動な訳で、ま、いろいろありましたが...。ヒ・ミ・ツ

娘が仕事の平日や週末でも彼女と別行動になった際には、義母を効率よく観光にご案内しようと、はとバスや鎌倉の観光バスを利用したため、"The 観光客"って感じで過ごした2日間もあり...。赤面












いろんな意味でとても濃い、4日間でした。




そんなあれこれは、これからゆっくり写真を整理しながら思い出をまとめつつ、自分自身の気持ちや想いも整理していきたいと思っています。




  続きを読む


Posted by Dreamer at 07:34お出かけ (東京)