2014年11月07日

秋の東北 2014 -2

<2014年 秋の東北旅行>

 



◇10月22日(水)

8:00頃   神戸空港内 上島珈琲にて、モーニング

9:15     神戸空港発 (→10:25 羽田空港着)

12:30頃   じゆうさんにて、昼食   ~ソバ屋で憩う 東京編~

15:00頃  池袋駅 いけふくろう君

16:00頃  大宮駅構内  「We CAFFE DA PRONT IL BAR」にて休憩

17:02    大宮駅発 (→17:59 郡山駅着)

19:30頃   郡山駅構内 「どん辰」にて、夕食



◇10月23日(木)

7:30頃    ホテルプリシード郡山内 「レストラン ヴァン・ヴェール」にて、朝食

8:31      郡山駅発 (→8:45 磐梯熱海駅着)

9:00頃    磐梯熱海 湯けむり緑地公園 散策

9:57      磐梯熱海駅発 (→10:54 会津若松駅着)

11:30頃    七日町通り&野口英世青春通り散策

13:00頃    会津 鶴ヶ城 散策

13:45頃   「蕎麦 香寿庵」にて、昼食  ~ソバ屋で憩う 会津若松編~

16:22    会津若松駅発  (→17:18 磐梯熱海駅着)

17:30頃   磐梯熱海温泉 金蘭荘花山着 (磐梯熱海温泉 金蘭荘花山-1

18:00    金蘭荘花山にて、夕食(磐梯熱海温泉 金蘭荘花山-2

20:00~   竹灯りコンサート(磐梯熱海温泉 金蘭荘花山-3



◇10月24日(金)

8:00頃   金蘭荘花山にて、朝食(磐梯熱海温泉 金蘭荘花山-4

9:07    磐梯熱海駅発  (→9:21郡山駅着)

9:57    郡山駅発  (→11:34仙台駅着)

13:00頃  「牛たん炭焼 利久 西口本店」にて、昼食

15:00頃  仙台市内観光

19:50   仙台空港発 (→21:20神戸空港着)






『 真の発見の旅とは、

  新しい景色を探すことではない。

  新しい目で見ることなのだ。


  ― マルセル・プルースト ― 』







  続きを読む


Posted by Dreamer at 13:48お出かけ (東北)

2014年11月07日

仙台観光の風景 (10/24)

昼食レストランの後、仙台駅前から「るーぷる仙台」に乗って仙台城跡(青葉城跡)へ。





 





このるーぷる仙台の運転手さんがとてもユニークな方で、運転しながらまるでバスガイドさんのように要所要所で観光案内を語ってくださり、その話術の巧みさでバスの中の乗客の方々から時々笑いを取りながらも、安全運転でていねいにバスを走らせておられました。もしも時間さえあれば、仙台城跡で降りずにそのままこの運転手さんの観光案内を聞きながら、仙台駅までぐるっと1周乗っていきたかったほどだったのでした。スマイル

 


私はこの日の夜に仙台空港から神戸空港へ帰るため、時間があまりない中で、個人的にこだわっていた観光ポイント2つはバスの車内から。

日本のフィギュアスケート発祥の地と言われているという、青葉山公園内の五色沼。

 



「青葉城恋歌」の中に登場する、広瀬川。



さとう宗幸さんの歌う、アコースティックギターでの弾き語りバージョン↓も素敵です。ピカピカ




夕暮れ時の、仙台駅。



  続きを読む


Posted by Dreamer at 08:51お出かけ (東北)

2014年11月07日

牛たん炭焼 利久 西口本店 (10/24:仙台)

仙台駅に到着の後、この日神戸からこられた義母と合流。私は翌日仕事のため、この日の夜帰って行く飛行機のですが、入れ替わりに義母が、そしてさらに翌日の土曜日には娘が東京からやってきて、週末には主人と3人で仙台から松島を巡るスケジュールになっていました。

という訳で、この日のランチレストランは牛たんがお好きな義母もご一緒に3人で牛たん炭焼 利久 西口本店へ。



本当は、ネットで見ていた利久西口本店オリジナルの「ランチタイム限定、牛たんづくしプレート」を楽しみにしていたのですが、残念ながら、予定数終了とのことで...。「事前に予約を入れておけばよかった...。なき」と、かなりショックだったのでした。

そして、オーダーしたのは、まるとく利休セット(1500円)。牛タンハーフ焼き、シチュー、麦飯、テールスープ、ミニサラダ付。

 


牛タンヘルシー定食(1500円)。牛たん焼ちょっと少なめ、麦飯、テールスープ、ミニサラダ、とろろ付。

 


牛タンシチュー定食(1300円)。特製デミグラスソース柔らかく煮込んだ牛たんシチュー、麦飯、テールスープ、ミニサラダ付。



”ヒトサラクーポンを画面提示すると、店舗お任せ牛たん創作料理をプレゼントプレゼント”ということだったのでお願いすると、こんなサラダが追加で運ばれてきました。ピカピカ



さらに、ランチタイムの牛たん惣菜小鉢2種(各100円)を追加オーダー。




とてもおいしくて、最後には大満足のランチタイムでした。ニコニコ

牛たん炭焼 利久 西口本店の所在地>
◇宮城県仙台市青葉区中央1-6-1 HERB sendaiビル5F  ℡:022-266-5077


  


Posted by Dreamer at 05:07お出かけ (東北)

2014年11月06日

磐梯熱海温泉 金蘭荘花山 -4 (10/24)

金蘭荘花山での朝ごはん。



厚揚げの焼き物、朝カレー。
 


 



テーブルに運ばれてきた御膳だけでなく、大広間の中央には納豆やパン、ジャム&バター、お茶や牛乳などのドリンク類等々が用意されたブッフェテーブルがありました。






*******************



朝食レストランの時間は、午前8時から。

いつも午前4時台には起床している我家ですので、朝食の前に午前5時から入れる館内温泉温泉マークへ。

そして、室内にあるドルチェグストでモーニングコーヒーを入れようとしたら、うまく動かず、途中で止まってしまいました。アセアセ 内線でロビーに連絡して事情を話しましたら、「フロントまで来ていただけましたら、こちらでコーヒーをご用意します。」と伺い、降りて行きました。


そこで待っている間に、スタッフの方からいろいろなお話を伺いました。

2011年3月11日の東日本大震災の後、大変だった日々の事。

被災された方々の鎮魂とこれからの復興を祈願して始められた、竹灯りコンサートへの想い。

”それ以前の旅館からかなり形態が変わった今のカタチになって、スタッフみんなが以前よりも少ない人数でそれでもいろいろな工夫をして、頑張っているのだけれど、1度訪れてそんな当館を気にいってくださるリピーターの方々が増えているのがうれしい。”と、笑顔を見せてくださったこと。

”自慢になるけれど、特にうちの料理はほめていただくことが多い。”と、少し照れたような表情でおっしゃっていたこと。




部屋に戻って、主人と一緒にモーニングコーヒーコーヒーとお土産のお味見用に購入したお菓子をつまみながら、「やっぱり、この宿を選んで良かったね。スマイル 」と話していました。



いろいろお世話になりました。おかげで、福島での楽しい思い出がいっぱい残った東北旅行になりました。

ありがとうございました。

磐梯熱海温泉は美人の湯(磐越三美人湯)と紹介されているけれど、お肌がきれいになるだけでなく、気持ちもきれいにしてくれるような、そんなところでした。

また、いつかふたたび訪れることができたらいいな...と、思っています。ニコニコ


金蘭荘花山の所在地>
◇福島県郡山市熱海町熱海4-321 ℡: 024-984-2111






  続きを読む


Posted by Dreamer at 12:44お出かけ (東北)

2014年11月06日

磐梯熱海温泉 金蘭荘花山 -3 ~竹灯りコンサート~

金蘭荘花山で毎晩開催されている、竹灯りコンサートの風景から。




夕食の後、ロビーラウンジで開催される竹灯りコンサートへ。



会場の雰囲気の良さはもちろん、オーディオ好きの主人も「バング&オルフセン」の音の響きにとても満足していたようでした。スマイル



グラスワインカクテルをいただきながら、音楽に耳を傾けて、ゆっくりと時間が過ぎていきました。



 








【この夜のCDコンサートMENU】

オリジナルバージョンではなく、
カバー曲を集めた選曲が
おもしろいと思いました。ニコニコ



















  


Posted by Dreamer at 07:35お出かけ (東北)

2014年11月06日

磐梯熱海温泉 金蘭荘花山 -2 ~創作コース料理(10/23)~

この日の夕食レストランは、金蘭荘花山の創作コース料理。そこで、私へのサプライズイベントがあったのでした。



ダイニングをいただく大広間も、竹灯りの照明がきれいでした。

 




~彩野菜のバーニャカウダ~ 特製自家製ソースにて

 


~白河メイプルサーモンとマグロのクリュ~ 花野菜添え

 


~イトヨリ鯛のオイル焼き~ バジルソースにて



~”郡山ブランド牛” うねめ牛のステーキ~



~シンデレラグラタン~



~秋茄子のトマトソースグリル~



~きのこご飯 松茸汁 お新香~



~秋色デセール~

翌月は私の誕生月ということで主人があらかじめお願いしていてくれたそうで、デザートがお誕生日バージョンクラッカー。まったく予想していなかったため、喜んで何枚も写真カメラを撮っていたら、女将さんや楽器ギターを持ったスタッフの方が3名テーブルの横で待ってくださっているのに気が付いていませんでした。タラーッ



主人に言われて、ようやく気が付くと、楽器を演奏しながら♪Happy Birthday♪の歌音符を歌ってくださいました。オドロキ

大広間で食事をされていた、他のテーブルの方々からも拍手をいただいて、うれしいやら、びっくりするやら...。赤面

やはり、いくつになってもお誕生日を祝ってもらえるのはうれしいものだし、ましてや旅先でたくさんの人にご一緒に祝っていただけて、とても感動したサプライズだったのでした。スマイル


金蘭荘花山の所在地>
◇福島県郡山市熱海町熱海4-321 ℡: 024-984-2111



  


Posted by Dreamer at 06:48お出かけ (東北)

2014年11月05日

磐梯熱海温泉 金蘭荘花山 -1

関西から東北は、何かきっかけがないとなかなか行けない距離にあります。

今回、主人が所用で福島へ出かけることになり、ちょうど私の勤務シフト上でもお休みが取れる期間だったため、”娘のところに立ち寄って、一緒に出かけて行かないか?”とのお誘いにいろいろ調べてみて、この磐梯熱海温泉温泉マークに魅かれるものがありました。

そして、旅館やホテルを調べていて出会った磐梯熱海温泉 金蘭荘花山




ここの「おもてなし」のコンセプトと、毎晩開催されているという「竹灯りコンサート」に興味を持ったことが、最終的に今回の秋の東北旅行に出かけることにした大きな要因だったのでした。スマイル

”昔の旅館のイメージとはまったく違う、アートスタイルの宿”

それは、既成概念とか先入観を持って見てしまうと、もしかしたらその違いにしっくりこないかもしれない。

でも、ただ素直に、日本の温泉旅館のひとつのカタチとして、現代風の個性として受け入れてしまうと、とても魅力的で、心から憩える場所でした。ニコニコ



宿に到着すると、
ロビーラウンジで
お抹茶と和菓子をいただきながら、
チェックインの書類を記入。
そういう、お心遣いに
癒されます。





通常のベーシックな和室もあるようですが、今回、私たちが案内していただいたのは和[nagomi]~円~というデザイナーズルームでした。

室内のモダンでポップな装飾や家具たちと、館内にある和風感覚の小物たちや窓から見える紅葉の風景から。

 


 






 







温泉好きな私ですので、もちろん、磐梯熱海温泉の”美人の湯”温泉マークを楽しみにしていました。ハート

館内温泉に向かう際には、マナーとしてカメラ類カメラケータイを持っていかなかったのが残念なくらいに、露天風呂 屋形の湯から見える紅葉の風景が美しかっただけでなく、浴場入り口には名水の試飲が用意されていたり、浴室内にはさまざまな種類のシャンプー&リンスが”シャンプーバー?”として用意されて好きなものを選べるようになっていたりして、滞在中に一度入浴するだけではもったいないくらいに、きめ細やかな心配りがされていました。ピカピカ


到着した際に「お部屋にも当館の浴衣のご用意はありますが、お好きな柄のものがあればどうぞ。」と言っていただいて選んだ女性用のカラフルな浴衣や、室内には館内移動に使えるおしゃれな籠、通常の日本茶のお茶セットだけでなくコーヒーコーヒーのドルチェセット等もありました。

 





  続きを読む


Posted by Dreamer at 14:29お出かけ (東北)

2014年11月05日

蕎麦 香寿庵 (10/23:会津若松)

☆ソバ屋で憩う☆


「会津若松」と「蕎麦」で検索していて見つけたお店、蕎麦 香寿庵



 


鶴ヶ城観光に訪れたついでに立ち寄れて、お蕎麦と共に会津の郷土料理をいただける御膳があるとのことなので、オーダーしたのは会津香寿膳(1620円)。

郷土料理の鰊の山椒漬けやまんじゅう天、こづゆ等々。

 



この、こづゆ↑がすごくおいしかったですニコニコ


天ぷらに、炊き込みごはん。

 


お蕎麦。



思っていた以上にボリュームがあったので、炊き込みごはん抜き(1460円)のオーダーでも充分だったかもしれません...。キョロキョロ アセアセ


蕎麦香寿庵の所在地>
◇福島県会津若松市東栄町1-84 ℡:0242-26-8484




  続きを読む


Posted by Dreamer at 08:31お出かけ (東北)

2014年10月31日

会津 鶴ヶ城 秋の風景 2014





 




 







鶴ヶ城の所在地>
◇会津若松市追手町1-1




  


Posted by Dreamer at 04:55お出かけ (東北)

2014年10月30日

七日町通り&野口英世青春通り散策の風景 

会津 鶴ヶ城観光のため、当初は会津若松駅からバスに乗るつもりだったのですが、ガイドブックなどで七日町通りの紹介を見て散策したいと思い、会津若松駅で乗り換えて七日町駅へむかうことにしました。

※JR郡山駅でICOCAを利用して改札を通る際、沿線の駅にはICOCAを設置していない駅があるという案内を見ていたため、念のため、乗り換える前に駅員さんに確認すると、やはり、七日町駅では利用できないとのことなので、いったん会津若松駅で改札を出て、切符を購入する必要がありました。ワンマン電車を降りる際、切符を渡して降車します。


七日町駅



阿弥陀寺



 


七日町通り

 


 


 







野口英世青春通り








 




野口英世青春広場

 



<野口英世青春広場の所在地>
◇福島県会津若松市中町1-23







  


Posted by Dreamer at 20:08お出かけ (東北)

2014年10月29日

磐梯熱海 湯けむり緑地公園 秋の風景2014

JR磐越西線で会津若松へ向かう前に、その日の宿泊ホテルに荷物を預かっていただくため、磐梯熱海駅で途中下車しました。

駅のすぐそばにある、湯けむり緑地公園 散策の風景から。



会津若松への下り列車は、1時間に1本。”途中下車せずに、会津若松駅でスーツケースはコインロッカーに預けるというチョイスもある...。”と思いつつ、あえて途中下車したのは、なんとなくこの磐梯熱海に魅かれるものがあったので、先にゆっくり駅前付近やホテルまでの道を歩いてみたかったから。

そして、それはやっぱり、”私にとっての正解”でした。スマイル

駅員さんにホテルまでの道をうかがうと、この湯けむり緑地公園内を抜けるルートを教えてくださいました。

 


 


 




 




磐梯熱海駅前には、足湯温泉マークがあります。

 


駅構内から見た、山の風景もみじ




<湯けむり緑地公園の所在地>
◇福島県郡山市熱海町熱海 (JR磐梯熱海駅 下車すぐ)





  続きを読む


Posted by Dreamer at 08:03お出かけ (東北)

2014年10月28日

レストラン ヴァン・ヴェール モーニング (10/23:郡山)

普段の朝晴れとやっぱり気分が違う、旅先でのモーニングレストラン



シェフの焼きたてオムレツとか、お惣菜とか、サラダとか、仙台の芋煮とか、フルーツにヨーグルトとか...。少しずついろいろがうれしいものです。スマイル




 



”朝からカレー?”と思ったけれど、ホテル特製朝カレーも、少しだけ分けてもらいました。ニコニコ

 



レストラン ヴァンヴェールの所在地>
◇福島県郡山市中町12-2 ホテルプリシード郡山 2F ℡:024-925-3411





  続きを読む


Posted by Dreamer at 18:37お出かけ (東北)

2014年10月28日

どん辰 (10/22:郡山)

郡山に到着してホテルにチェックインした後、夕食レストランは駅構内にあるどん辰へ。



ここは北辰寿司直営とのことで、海鮮丼がおすすめのようです。

とりあえず、こんなセットを...。スマイル

 


生ビール大ジョッキビールに、お刺身の盛り合わせ、1品と小鉢がついたどん辰セット(800円)。



 


海鮮丼(990円)と、串盛り合わせ(250円)。マグロが一切れ、おまけについてきました。



 


店内の風景。




どん辰の所在地>
◇福島県郡山市燧田195 郡山ピボット ℡:024-983-4645



  


Posted by Dreamer at 05:17お出かけ (東北)

2014年10月26日

秋の東北 2014 -1

今週、東北に所用で出かけることになったので、東京に立ち寄ってから郡山経由で磐梯熱海&会津若松、そして仙台へ行ってきました。


2011年3月11日の東日本大震災から、3年と7ヶ月。

1995年1月の阪神・淡路大震災を神戸で経験した私も、その後に生じた想定外のさまざまな影響や変化に対して、乗り越えるというような力強いものではなく、受け入れるというような積極的なものでもなく、ただ寄添うようにひたすら順応していきながら、それでも、"自分なりの夢や目標にむかっていたい"という願いだけは、ずっと心に抱き続けていたけれど...。

大きな天災や原発事故の後も、たおやかな理想を持って復興への道を歩み続けておられる方々やさまざまな風景との今回の旅での出会いによって、あらためて気づかせていただいたものが、たくさんあったような気がします。


磐梯熱海で宿泊したホテルでは、毎晩、竹灯りコンサートというイベントが行われています。



毎年12月に神戸で開催されているルミナリエの華やかさとはまた違った、趣のある灯りと音楽による鎮魂の想いにひたるひとときでした。



これから、2泊3日の秋の東北旅行の写真データを整理しながらまとめていく作業工程の中で、並行して、私自身がどんな想いや新しい視点を持つことができたのか、ゆっくり見つめなおしていけたらいいな...と、思っています。

ガイドブックやいろいろなサイトを拝見して事前に得ていたような観光客視点で見ていたものと、たとえ同じ風景を見たとしても他の人とはたぶん違っているであろう、私個人の視点で現地で実際に観てきたもの。それらの中から、どんな発見が出来るのかを、自分でも楽しみにしています。






『 真の発見の旅とは、

  新しい景色を探すことではない。

  新しい目で見ることなのだ。


  ― マルセル・プルースト ― 』





  
タグ :発見の旅


Posted by Dreamer at 09:44お出かけ (東北)

2014年10月25日

そして、昨日は…

ここに、いました。



  


Posted by Dreamer at 00:03お出かけ (東北)

2014年10月24日

そして、昨日は…

ここに、いました。



  続きを読む


Posted by Dreamer at 10:04お出かけ (東北)