2017年03月12日

覚悟と共に生きる、勇気

昨年12月と今年2月、私たちが続けて南伊豆の弓ヶ浜に訪れたのは、南伊豆の風景の美しさやさまざまなグルメの魅力からだけでなく、そこで出会った1軒の宿の魅力がありました。

オーナーご夫妻が営んでおられる、全室3室の小さな宿。
きれい好きな奥様がていねいに整えておられるためどこも清潔感があふれていて、シンプルでありながらなにげなくさりげないところにご主人と奥様のこだわりが見え隠れしていて、接客にもそういう姿勢でのぞまれているため適度な距離感でのお心遣いが伝わってくる。

ネットの評価でも1度そこに泊まった人はほとんど好印象で、弓ヶ浜の海岸まで約30秒で波音が部屋まで聞こえてくるというロケーションとおいしいお料理の数々も絶賛されていて、”必ず、また訪れたい”と言われています。

その宿に最初に泊まった時、案内された部屋で奥様から説明をうかがっていた時、意外に思ったのは、”もし、万が一、東海地震が発生したら...”という場合の避難場所と避難経路についての詳しいお話をきちんとされていたことでした。それは、とても大切なことなのですが、楽しい旅先での観光気分と、たんたんとていねいに話されるその内容は、やはり、しっくりこないものがあって、正直言うと、とまどう気持ちもありました。



「”万が一とはいえ、それが今日明日に起こらないとは限らない”という意識を、常に持っていなければいけないと思っています。」

そんなふうにおっしゃる奥様のお話をうかがいながら、”私は過去に阪神淡路大震災に遭遇して、いろいろなことを経験していながら、そういう強い覚悟と共に、日々を生きる勇気を持っているのだろうか...”と、思っていました。
(それは、実際のところは、その当時のさまざまなことを忘れなければ、いろいろな想いを置き去りにしなければ、その後の日々を前向きに生きてこれなかったかもしれない...という、自分の弱さを痛感したということなのかもしれません。)


弓ヶ浜の散策の際に、教えていただいた宿から徒歩3分のところにある津波避難タワーを訪れました。



海抜15mだという津波避難タワーは、震度6強、津波の高さは13mを想定して建設されたとのことです。



美しい海の風景と、日々をていねいに真摯に生き、観光客を感動させる宿を守り続けておられるご夫妻の生き方。

そして、そのすぐそばにある、万一の場合の自然の脅威を物語り、圧倒するような津波避難タワーの存在。

たくさんの楽しい思い出と共に、それらもまた、南伊豆への旅行で不思議な感銘を受けた思い出となりました。



そして、先日お遍路で高知を訪れて巡礼している時にも、町中のところどころにあった”海抜○m”という標識や、移動途中の道沿いに避難場所への誘導の看板をよく見かけ、それは、そんな南伊豆の思い出のおかげで、私の中に、”たとえ観光先であったとしても、きちんと危機意識を持ち続ける”という視点が出来、意識がむくようになったのかもしれない...と、思いました。


  


Posted by Dreamer  at 08:49お出かけ (東海)

2017年02月19日

回想 2017.2

先週末も、日の出前の弓ヶ浜を見つめながら、ぼんやりと、考え事をしていました。



今回は、主人だけでなく、子供たちや義母も一緒の家族旅行だったので、ちょうど4年前の今頃、娘の家探しで東京を訪れていたんだな...と、いうこととか。


昨年12月に見た弓ヶ浜の日の出の風景ともまた違う、もやがかった神秘的な海の風景に、自然とむきあう敬虔な気持ちを感じながら...。


  » 続きを読む


Posted by Dreamer  at 22:45お出かけ (東海)

2017年02月17日

伊豆旅行 2017.2

昨年クリスマスに主人と2人で訪れた伊豆へ、今月中旬、義母のお誕生日旅行として、息子の卒業前の記念旅行として、(そして、主人へのバレンタインディプレゼントとして...)再び、訪れました。

初日と2日目は、娘も合流して、5人で巡った家族旅行でした。



いつものように、少しずつ写真データを整理しながら、のんびりゆっくり思い出をまとめていきたいな...と思っています。スマイル


  » 続きを読む
タグ :伊豆


Posted by Dreamer  at 07:33お出かけ (東海)

2017年02月13日

カメラ女子と海の風景

娘と一緒に見たかった、南伊豆の海の風景。

主人のニコンの一眼レフカメラをもらって以来、すっかりカメラ女子になった娘と共に歩いて来ました。

同じ風景を、彼女はどんなふうに写していたのか、映像が送られてくるのが楽しみです。ニコニコ



  
タグ :伊豆


Posted by Dreamer  at 06:50お出かけ (東海)

2017年02月12日

燃える朝焼け



ウケ狙いなら、「ミラーマン」

♪朝焼けの光の中に、立つ影は~♪


でも、私の身内は、実は私は朝陽が昇る映像を撮りながら、YESの「燃える朝焼け」を思っていると、理解してくれている。



同じ風景を見て、どんな音楽をBGMとしてイメージするのか…。

そして、そこにある“自分らしさ”を認めて、大切にしてくれているかどうか。


そんななにげないところに、「家族」ならではの、居心地の良さになるのだろう…と、思います。




  » 続きを読む


Posted by Dreamer  at 07:43お出かけ (東海)

2017年02月11日

家族

同じ景色を見て、きれいだな…と思うとか、感動するとか。

一緒に食事をする時間を、それが外食であっても、おうちごはんであっても、美味しいね♪と、それぞれを楽しめるとか。

やさしさと、思いやりと、そしてそれが相手に必要な時には、厳しさがある。

振り返ってみると、そんな「家族」が理想だったんだな…と、思う。

子育てに、一生懸命になっている時は、そんな事を考えている余裕はなかったけれど…。





桜の花が、きれいに咲いています。
南伊豆 ”みなみの桜と菜の花まつり”会場にて

まだ2月ですが、すっかり春の気分です。




  


Posted by Dreamer  at 17:49お出かけ (東海)

2017年01月23日

石廊崎観光の風景 2016 (12/24:南伊豆)

石廊崎の風景から




南伊豆観光で、私が楽しみにしていたのは弓ヶ浜の海岸散策でしたが、主人が楽しみにしていたのはこの石廊崎の風景でした。

いわゆるサスペンスドラマなどの最後の場面で、追いつめられた犯人が観念して自白する場面が似合いそうな、迫力のある断崖絶壁の風景です...。アセアセ



石廊崎岬めぐり遊覧船が出ている港の駐車場に車を停めて、伊豆半島最南端の岬である石廊崎へむかうのですが、ちょっとしたハイキング(もしくは、山登り...タラーッ)を覚悟しないといけません。

考え事をする余裕などなく、ただひたすら、黙々と歩き続ける、登り続ける。

そんな試練を経て、ようやく見ることが出来る景色がある。



性格が違うということは、興味がむかうところ、考え方、受けとめ方、すべてに違ってくることがある。

人間関係において、性格が違うからこそ、時にはお互いに理解しがたかったり、誤解が生じたり、ケンカになったりもするけれど、だからこそ、その壁を越えた時には、その相手との関係が改善するだけでなく、自分自身の視点や理解できる幅が広がっていることがある。


穏やかでやさしい波打ち際の海だけでなく、高いところから望む断崖絶壁から見る荒々しい波やその向こうに広がる広大な海の風景もまた、魅力的で美しいのだと。




『 真の発見の旅とは、

  新しい景色を探すことではない。

  新しい目で見ることなのだ。

  ― マルセル・プルースト ― 』



  


Posted by Dreamer  at 08:48お出かけ (東海)

2017年01月23日

弓ヶ浜 散策の風景 2016 (12/23、24:南伊豆)

夕暮れ時の弓ヶ浜(12/23、16:30頃)と、弓ヶ浜の日の出(12/24、7:00頃)




今回の伊豆旅行では、この弓ヶ浜に近い魅力的な宿に泊まることを楽しみにしていました。


この日、三島駅から、あちこち観光で立ち寄りながら南伊豆へドライブしているうちに、年末の疲れからか、だんだん主人の体調が悪くなってきたため、予定より早い時間に宿に到着。チェックイン可能時間は過ぎていたので、事情を話してすぐに部屋へ入ることが出来ました。

波音が聴こえる静かで落ち着ける雰囲気の部屋で休んでいると、かなり主人の体調が良くなってきたので、私は夕暮れ時の弓ヶ浜へひとり散策に。宿からすぐのところにある弓ヶ浜の海岸から、部屋に海鳴りの音が響いてくるほどの近さだったのです。


12月下旬の夕暮れ時の海岸は人も少なく、ただ波が岸に打ち寄せる音だけが聞こえてきました。

ぼんやりと、そんな海岸を歩きながら、考えていたこと、感じていたこと。



そして、翌朝。前日、夕食の後、早めに休んでいた主人はかなり体調が戻り、いつものように早朝に起床。

だんだん空が明るくなっていく様子を見て、私が「海岸まで、日の出を見に行ってくる。」と言うと、一緒に弓ヶ浜へ散策へ出かけて行きました。

夕暮れ時の海岸の風景と、日の出の海岸の風景が違うだけでなく、ひとりで歩く海岸と、ふたりで歩く海岸は、また、違って見えます。

そんな海岸を歩きながら、考えていたこと、感じていたこと。



まだ、きちんとした<言葉>では見つからないけれど、あの日の風景と波音の思い出を大切にして、自分なりの答えを探していきたいな...と、思っています。



  
タグ :伊豆弓ヶ浜


Posted by Dreamer  at 07:19お出かけ (東海)

2017年01月21日

下田市内観光の風景 2016 (12/23:伊豆)

本当は、浄蓮の滝観光を終えた後、まっすぐ南伊豆へむかうつもりだったのだけれど、予定より遅れていて、いわゆるランチタイムの時間に南伊豆に到着するのは難しそうな状況になっていました。

この夜の宿は午後6時より夕食がスタートすることになっているので、お昼ごはんが遅くなると昼食の後すぐに夕食になってしまうこと、そして、なにより、私が運転できないので、ずっとドライバーを務めてくれている主人のために、出来るだけ1時間半から2時間くらいの感覚で食事レストランをしたり、観光をしたり、お茶休憩コーヒーを入れたりするペースを心がけていることから、スケジュールを変更。

移動中の車の中から、事前にネットやガイドブックで見て気になっていたお店に電話を入れてみるケータイと、ナビの到着予定時刻の予約が取れました。スマイル

昼食後、澤村邸の見学からペリーロードや了仙寺(黒船ミュージアム)など、下田市内観光。



最初の予定では、ただ通り過ぎるだけになるかもしれなかった下田ですが、のんびり散策するといいところがいろいろあります。

道路沿いにたくさんアロエが植えられていて、あちこちで花を咲かせていたのが印象的でした。

レトロな雰囲気のペリーロード沿いにはおしゃれなカフェなどがあって、もしもお茶休憩する時間があれば、立ち寄りたかったね・・・と、下田を出て南伊豆にむかう車の中で、話していました。



  
タグ :下田伊豆


Posted by Dreamer  at 12:53お出かけ (東海)

2017年01月19日

浄蓮の滝 観光の風景 2016 (12/23:伊豆)

修善寺から南伊豆へ向かう途中、♪天城越え♪の歌で有名な、浄蓮の滝観光。

ガイドブックで”浄蓮の滝観光センターの駐車場に車を停めて観光できる”とあったのですが、実際に現地に着くと、かなりの長い階段を降りていった先に、滝があります。

”車遍路の難所クラスの階段だな...。帰りは、きっとハードだろうな...。”と降りて行きながら、そんな困難な先にあるからこその厳粛な滝の風景を間近にすると、その空気の清々しさと流れ落ちる水の迫力に、やはり感動しました。




滝のすぐ近くに、わさび田があり、すぐそばの生わさびやわさび漬けを販売しているお店で、わさびがお好きな義母のお土産用と我家用に購入。



この付近はわさびが名産品なので、たぶん、他のいろいろなところで購入することが出来るんだろうとも思いつつ、”浄蓮の滝の、この水の流れで育ったわさびや、そのわさびを使ったわさび漬けを買って帰りたい”と、思ったのでした。


  


Posted by Dreamer  at 07:25お出かけ (東海)

2017年01月18日

修善寺 観光の風景 2016 (12/23:伊豆)

早朝の三島散策の後、ホテルに戻り、チェックアウト。駅前で予約していたレンタカーを借りて、伊豆半島ドライブクルマに出発しました。

最初の目的地は、「伊豆の小京都」と呼ばれ、弘法大師ゆかりの修善寺や独鈷の湯のある修善寺へ。



2014年の9月、主人が所用で関東へ出かけた際に、義母や子供たちが後で合流し、熱海や伊豆小旅行へ出かけた時クルマには私は同行しておらず、「観光客でにぎわった修善寺付近での駐車場の空きを見つけられなくて、立ち寄れなかった。」とのことだったので、「昨年からお遍路を始めている私たちだから、きっと、今回は、お大師様のお導きがあるよ。」と言いつつも、事前のスケジュール準備段階で、現地の駐車場情報をいろいろ調べておきました。

その結果、”修善寺すぐ近くのところでなくても、少し離れた場所にも比較的大きな駐車場があるので、その間を散策しているつもりで歩いて移動すれば、大丈夫。”と判断していたのは、やはり正解でした。

修善寺参拝の後、いただいたご朱印。




私たちが、竹林の小路散策を始めた時は、人も少なく、静かな風景でしたが、往復の帰路では団体の観光客の方がいらして、各々写真をとっておられたり、子供たちが竹のベンチで寝転がっていたり、賑やかで、すっかり違う風景になっていました。。旅行先などで写真撮影をする際には、できるだけ他の方を写さないように配慮するのがマナーだと思っているので、”最初の人の少ない往路で、写真を撮っておいて良かった。”と、しみじみ...。

12月下旬とはいえ、あちこちにまだ紅葉もみじが残っていて、寒いという感じではなく、散策しているうちにのどが渇いてきたので、修善寺近くのカフェでテイクアウトしたソフトクリームソフトクリームがとてもおいしかったです。

また、「甘泉楼」で私がお土産を購入していた時には、主人が焼きたての「十三夜焼き」を購入し、店内のお休み処でサービスのお茶と共にいただいていましたが、それも、おいしかったそうです。スマイル


  » 続きを読む


Posted by Dreamer  at 07:00お出かけ (東海)

2017年01月17日

三島散策の朝 2016 (12/23)

この日泊まっていたホテル(ドーミーイン三島)は駅前のビジネスホテルだったので、朝食が午前6時半からスタート。

ふだん、朝早い生活をしている私たちにはとてもありがたくて、朝食を終えて部屋に戻って荷物をまとめてから、チェックアウトやレンタカー予約の時間まで、まだまだ充分余裕がありました。

そのため、午前7時半くらいから、三嶋大社にむかって市内散策へ。



本当は、日常生活においても、こんなふうに朝の散歩をする気持ちの余裕があればいいのだろうな...と思いますが、現実には、なかなかそうはいきません。


仕事に出かける前だったり、自宅にいてもあれこれ家事が待っていたり、”ゆったりと朝のお散歩”にはほど遠い日々なので、こんなふうに旅先でのんびりと風景を楽しみながら散策する時間の贅沢を味わうことができるのかもしれません。


早朝なので、まだ店は開いていないし、観光客も少ないけれど、桜川付近の散歩道では犬を連れた地元の方とすれ違う時には軽く会釈をしあえる...そんな状況すら、三島の思い出のひとつとして、心に残っています。

三嶋大社で参拝を終えた後、社務所でご朱印をいただきました。






”誰かがパワースポットだというので、そこへ訪れると気持ちがいい”のではなくて、”そこへ訪れると自分が気持ちがいいと感じて、元気をいただけると思える場所だから、やっぱりここは私のパワースポットなんだ”と思えること。

その違いをしっかりとかみしめながら歩いていた、年末の三島散策の朝でした。


  


Posted by Dreamer  at 08:30お出かけ (東海)

2017年01月13日

昨年末の伊豆・東京クリスマス旅行を振り返って

年末に出かけた、伊豆&東京へのクリスマス旅行。

もともと、12月には主人の四国での所用につきあって香川へのお遍路旅行のスケジュールが入っていたので、さすがにその翌週に伊豆へ出かけるのはハードだと思っていたのですが、結果として、伊豆から東京へ移動して新幹線娘にも会えたし、クリスマスパーティツリーにも参加できたし、いい思い出がたくさん残りました。



記憶が色あせないうちに、自分の大切な思い出記録をまとめておこうと、少しずつ写真を整理しています。

年末年始に義母は子供たちと一緒にディズニーへ出かける予定が入っておられたので、伊豆へはお誘いしなかったのですが、実は伊豆へ行きたかった...ということなので、今年、義母をお連れして再び出かけていくことになりそうです。

いろいろ、きちんと情報を整理しながら、次はどんなスケジュールを組んで、どんなところをご案内しようか、考えることを楽しんで進めていけたらいいな....と、思っています。



  » 続きを読む
タグ :伊豆東京


2016年12月28日

伊豆半島&東京 クリスマス旅行 2016.12 -1 (12/22:三島)

先月、12月下旬に主人が所用で静岡へ行くことになり、「クリスマスの週末に、追いかけてこないか?」と誘われた時、「中旬に香川へお遍路旅行に行く予定が先に決まっているし、年末年始休暇直前の職場は忙しいし、いくら今年はお正月準備をしないといってもそれでも最低限やらないといけないことはあるし...。」と、正直言うと、私は最初は気のりしていませんでした。アセアセ

でも、いろいろな流れの中で、結局、木曜日の午前勤務を終えた後、翌日の祝日(12/23:天皇誕生日)と週末を利用してクリスマス旅行へ出かけることになり、22日夕方の新幹線にひとり乗り込んだのでした新幹線

ところが、午後4時20分頃に発生した東海道新幹線の新横浜駅と小田原駅間沿線の火災により、私の乗った新幹線は米原駅で午後4時40分頃から1時間半の間、停車したままとなり...。タラーッ

結局、予定より1時間半遅れで、JR三島駅で出迎えてくれた主人と合流出来たのでした。




その日の夜は駅近くのイタリアンバルにディナーレストランの予約を入れてあったのですが、新幹線の中から連絡を入れて事情を話すと、「ラストオーダーは午後10時半なので、間にあうようでしたらお越しください。席は、ご用意しておきます。」とのことだったので、当初予約より1時間遅れでお店に到着し、「お疲れさまでした」とワインカクテルで乾杯した時、ようやくほっとすることが出来ました。スマイル

米原駅で新幹線の車内で過ごしていた1時間半の間に持っていたお菓子をいろいろつまんでいた私はほとんどお腹がすいていなかったので、「何かおつまみのようなものを...」ということで、メニューにあった主人が好きな生ハムの食べ放題(90分制限、ひとり税別980円、グループ全員がオーダーのこと)をオーダーし、生ハムとワインでディナーがスタート。

その後、主人がパスタを追加し、2人でビールビールをいただきながら、明日の予定を打ち合わせしていました。


宿泊ホテルに戻り、ひと休憩した後、宿泊者サービスの「夜なきそば」コーナーをのぞきにいくと、ミニサイズのラーメンラーメンだったので、主人と共に私もおいしくいただき、思いがけないアクシデントからスタートした初日が終了したのでした。

  


Posted by Dreamer  at 18:51お出かけ (東海)

2016年12月25日

そして、昨日は…

ここに、いました。



  
タグ :伊豆弓ヶ浜


Posted by Dreamer  at 06:26お出かけ (東海)