2010年09月01日

Nostalgia ~郷愁~

今日から、9月。

 

※2003年9月12日、コンサート会場で買ったTシャツの記録写真から↑

今から7年前、2003年9月にYESが再結成し、来日して大阪で行われたコンサートに行きました。当初、その年の1月に来日予定だったのに、Jon・Andersonのアクシデントによる負傷&ドクターストップによるツアーの延期があって、秋にスケジュール変更されたものでした。
1971年「Fragile」のオリジナルメンバーからドラムがアラン・ホワイト(1973年のビル・ブラッフォード脱退により加入)に替わっているだけの、私にとっては豪華なオリジナルメンバーによるコンサートでした。

30年の年月が過ぎていても、奏でる音楽は昔と変わらず、ひたすら感動のコンサートでした。


   ***********************************


また、3年前の2007年10月、播磨科学公園都市で兵庫県が主催で開催した「ふれあいフェスティバル2007」において、太田裕美さん、大野真澄さん、伊勢正三さんのジョイントコンサートが行われると知って、子供たちと共に訪れました。



※「ふれあいフェスティバル2007」 開演前の設営風景(2007年10月27日)↑

野外コンサート会場で見た彼ら3人は、昔のイメージのままで、午後3時から4時までのジョイントコンサートで聞いた10曲の歌声に没頭していた1時間でした。


   ***********************************


そして、2010年9月。

現在も活動を続けているYESのメンバーは、keyboardがリック・ウェイクマンの息子になっているとか、vocalがジョン・アンダーソンではないとか。

去年の秋に還暦を迎えた大野真澄さんが行ったコンサートライブでは、アルフィーのメンバーと共になつかしのガロのナンバーを4人でハモって歌っていたとか、現在では元ガロのマークもまた有志の若手ミュージシャン達と共にライブ活動を行っているとか。でも、彼らの場合、オリジナルメンバーで再結成しようにも、もうトミーはいない。

それでも、歴代のYESメンバーの古い映像を集めたDVD35周年記念コンサートLIVEのDVDGARO BOX内のDVDには、当時のままのメンバーが歌っている昔の映像が残っている。

  


そんな映像を再生する時、それを見ている私の中には、その当時の私にすっかり戻って見ている私と、年月を経てどこか昔と微妙に違っている私とが、不思議な感覚で共存している。


   ***********************************


文章という形での言語媒体であれ、写真やDVDなどの映像媒体であれ、音という音楽媒体であれ、”記録に残す”ということは、たぶん、もう2度と全く同じ時間がやってこないであろう、”貴重なたった今現在という時間を、何かに刻みつけておく作業”なのだろうと、思う。






同じカテゴリー(音楽の話)の記事画像
大野真澄 GARO 青春の旅路 ACT6+α (2017.10.19)
眠レナイ夜
YES FEATURING JON ANDERSON, TREVOR RABIN, RICK WAKEMAN
「太田美知彦Female vocalist cover night」(4/1:東京)
同窓会コンサート (3/6:加古川市民会館)
”違いを楽しむ”ということ
クリスマスイブのプレゼント☆
大野真澄 ~GARO 青春の旅路 ACT4 ~ (11/11:原宿)
前進
感謝
同じカテゴリー(音楽の話)の記事
 大野真澄 GARO 青春の旅路 ACT6+α (2017.10.19) (2017-10-29 07:29)
 眠レナイ夜 (2017-10-08 04:19)
 YES FEATURING JON ANDERSON, TREVOR RABIN, RICK WAKEMAN (2017-06-30 09:57)
 「太田美知彦Female vocalist cover night」(4/1:東京) (2017-04-05 16:04)
 同窓会コンサート (3/6:加古川市民会館) (2017-03-08 11:35)
 ”違いを楽しむ”ということ (2017-01-20 07:24)
 "an Endless tale"に寄せて -2 (2017-01-12 09:42)
 クリスマスイブのプレゼント☆ (2016-12-27 06:36)
 大野真澄 ~GARO 青春の旅路 ACT4 ~ (11/11:原宿) (2016-11-28 07:04)
 前進 (2016-11-18 11:18)