2012年04月07日

はっそう懐石 ゆめの里 (4/5:宝殿)

新年度になって職場は忙しいし、プライベートでもいろいろあるし、連日、時間と体力と気力のバランスの綱渡りという日々が続いています。この日、ふぁーみんSHOPかんきでの買い物ついでにランチレストランに立ち寄ったのは、はっそう懐石 ゆめの里 神吉店。

 


私の場合、ひとりランチに立ち寄りたい時には、”午前勤務を終えた後、所用で出かける必要があって、そのついでに休憩をかねてどこかでお昼ごはんを済ませたい。”というパターンが多いので、ふつうのランチタイムの時間帯よりは遅めの時間なうえに一人ですから、ランチタイムの時間が終わるといったん終了して夜の部にそなえる形態のお店側からすると、あまり歓迎されない状況なのだと思います。以前、飛び込みで初めて入ったお店で、あきらかに”LOギリギリの一人客は、迷惑”という雰囲気で、何らかの別の理由での形でお断りを受けるような悲しい対応の場合もありました。

ここはずっと以前から気になっていたお店なので、ランチタイムは午後3時までと知っていたうえで前を通りかかった時は午後2時前になっており、大きくて立派なお店の雰囲気からも一人客には敷居が高そうでしたので、かえって、”断られても仕方がないし、あたりまえかも。”くらいに思いながらお店に入り、「ひとりなんですけれど、まだランチタイムの時間、大丈夫ですか?」とうかがってみました。

すると、着物姿でていねいに出迎えてくださったスタッフの方が笑顔で「大丈夫ですよ。どうぞ。」と案内してくださったのは、入り口近くにある個室の1室で、こじんまりとしていながらもとても落ち着ける雰囲気のところだったので、びっくりしてしまいました。オドロキ




お茶を運んできてくださったスタッフの方にうかがってみると、掘りこみテーブルのこういう個室がいくつかあるけれどたいてい予約で満室状態なのが、この時はちょうど空いたばかりのタイミングだったこと、他にもいろいろ座敷席があるので満席の時でなければ一人客でも大丈夫ということをうかがい、ニコニコととても気持ちよく応対してくださったことに、ほっとしました。

オーダーしたのは、週替わりのはっそう御膳(1500円)。メニューには食前酒、先付け、向付け、煮物、焼きもの、油もの、止椀、御飯、香の物、水物となっています。

最初に運ばれてきたのは、食前酒(酢?)と先付け。焼きものは鶏のセセリのすき焼きということで、ひとり鍋用コンロに火をつけてくださいました。

 



おさしみの盛りあわせにあったちょっと変わったものがよくわからなくて、うかがってみると”鯛の皮を揚げ軽く塩味をつけたもので、パリパリとしておいしいですよ。”とのことでした。




煮物と揚げもの(じゃがいもの磯辺揚げ)。

 


入店したのが遅めの時間でしたのに、順にゆっくりとお料理が運ばれてくるので、私の方が申し訳なく思っているくらいなのに、「ごはんをお持ちするのは、もう少し後のほうがよろしいですか?」と聞いていただいて、恐縮しながら、「いえ、続けてお願いします。」とお返事しました。

コンロの火が弱くなる前に、鶏にしっかり火を通すように気をつけてくださいねということなので、ふたを開けてみると、想像以上にいろいろな具材が入っており、卵はそのまま生の状態でつけて食べても、一緒に煮込んでもOKとのことで、生卵が苦手な私は卵とじ風にしてみました。

 


ごはんはなんと炊き込みごはんで、さらに贅沢な気分になりました。ピカピカ



(ふだん、私ひとりでのおうちランチだと、この3点セット↑だけで充分なような...。アセアセ


最後のデザートの時には、ポットでほうじ茶をつけてくださいます。ニコニコ




客側の立場としては、初めて入った時にきちんとていねいに対応していただき、出てきたお料理がおいしくて、そこで気持ちのいい時間を過ごしたという第一印象がよかったお店には、やはりまた、友人や家族と共に訪れたいと思います。




当然、お店側にもいろいろ事情があるので、場合によっては満席で断る時もあるでしょうし、オーダーされたメニューが用意できないなどお客様の要望に応えられない時もあると思うので、そんな時、どういうふうに対応するのかということは、本当に大切なことだと思います。

自分の対応が、どんなふうに相手に伝わるのかということを、常に客観視してみるということ。

新年度でいろいろシステム変更などもあり、業務が忙しい中で、職場というチーム内でコミュニケーションをとって働いていく上で、つい、自分の主観で判断しそうになっては自己反省していることの基本です。

この日、のんびりゆったりランチをいただきながら過ごした1時間ほどの優雅な時間のおかげでしっかりリフレッシュできて、翌日の職場にはまた元気に戻っていけました。ありがとうございました。


<はっそう懐石 ゆめの里 神吉店の所在地>
◇加古川市東神吉町神吉1010-1  ℡:079-433-3325





同じカテゴリー(グルメ (西加古川))の記事画像
隠れ家のようなステーキハウス
3連休のグルメ、いろいろ
みとろ果樹園 ~旬の果実の贈り物~
旬を味わう ~メロンとぶどうといちじく~
あぶり軒 (8/12:宝殿)
播磨水産 (6/29:宝殿)
播磨水産 (6/10:宝殿)
播磨水産 (4/30:宝殿)
播磨水産 (4/17:宝殿)
播磨水産の節分イベント (2/3:宝殿)
同じカテゴリー(グルメ (西加古川))の記事
 隠れ家のようなステーキハウス (2017-08-08 06:39)
 3連休のグルメ、いろいろ (2017-01-12 06:51)
 みとろ果樹園 ~旬の果実の贈り物~ (2016-09-04 06:09)
 旬を味わう ~メロンとぶどうといちじく~ (2016-08-24 06:33)
 あぶり軒 (8/12:宝殿) (2016-08-19 06:16)
 播磨水産 (6/29:宝殿) (2015-07-01 18:08)
 播磨水産 (6/10:宝殿) (2015-06-14 14:30)
 播磨水産 (4/30:宝殿) (2015-05-03 20:16)
 播磨水産 (4/17:宝殿) (2015-04-18 09:33)
 播磨水産の節分イベント (2/3:宝殿) (2015-02-10 07:53)

この記事へのコメント
こんばんは

いつも、拝見させていただいてます。
美味しいお店、探されていっているので、参考になります。
ゆめの里、宝殿にもあるのですね。
私の住んでいる稲美町にも、あります。
チェ―ン店でしょうか?

食べると言うことだけではなく、接客などよく見られてますね。
そういうことに気がつかれてるということは、接客業なのでしょうか?
日々、観察されて、自分の仕事に生かしていくという姿勢、凄いですね。
Posted by チエス at 2012年04月07日 22:43
チェスさん、こんばんは。

先日いただいてきたパンフレットに、東加古川店と稲美店と神吉店の案内が
掲載されていましたので、どうやら、ゆめの里のチェーンは3店舗あるようです。

昔、独身時代には百貨店の本社人事に所属していた関係で、
新入社員教育や、各種社員教育の際には裏方の立場としても参加していたので、
自分がお客様の立場でも、今でもつい、そういう部分が気になってしまいます。

でも、現実において、いつもどんな時でも理想通りの対応をする難しさもわかるため、
だからこそ、気持ちのいい接客や対応でむかえてくださるお店に出会うとうれしくて、
ほっとするようなくつろぎの時間や、わくわくするような楽しい時間をいただくと、
私の場合は、おいしいお料理をいただく以上に、癒されて満足するのだと思います。(*^_^*)
Posted by DreamerDreamer at 2012年04月07日 23:17