2012年08月30日

猛暑の夏のおうちごはん 2012

今年の夏は猛暑日が続き、例年以上に、おうちごはんに悩む日が多かった。
ただでさえ、暑さでバテて食欲はなくなるし、作り手としてキッチンに立つのもつらかったりもするし...。タラーッ

もうすぐ9月なので、そんな今年の夏のおうちごはんの写真記録を整理した中から。

ポタージュスープ、中華スープ、具だくさんの野菜スープ等々、スープ系をたくさん作り、夕食に温かいスープとして出した後、残りは冷蔵庫で冷やしておいて、朝ごはんに冷たいスープとして出すと口当たりが良くて、食欲がなくてもすっと飲めるので好評でした。




7月中旬に作って冷凍保存してあったトマトソースをベースに具材をアレンジした、スパゲティ。

  


同じトマトソースを食パンに塗って、具材をのせて、チーズをかけて焼くと、休日の朝のピザトーストにもなりました。





寝苦しかった日の早朝の朝ごはんに、フルーツやシェイクがよく登場。凍らせたブルーベリーと牛乳で作ったシェイクには、我家のブルーベリーも入っています。スマイル

  



さっぱりとした1品として好評だったオイルサーディン、鶏の竜田あげのマリネ。

 

息子のお弁当やお料理の彩り用に、パプリカやピーマンを買ってきてすぐに洗って千切りにして、乾かしてから冷凍保存して常備しています。きれいな彩りが少し加わるだけで、なんとなく、食欲をそそるような気がします。キョロキョロ


今年は”無理しない”がモットーだったので、市販のお総菜にもいろいろお世話になりました。

  


  



あいびきミンチと玉ねぎに木綿豆腐と卵を混ぜ込んで作ったハンバーグは食感が軽くて、ガーリックと塩コショウの下味だけでも、ポン酢をかけても食べられるので、作って事前に焼いておき、夜はオーブントースターで温めるだけにしておくと便利でした。




つけあわせのポテトサラダは、適当な大きさに切ったじゃがいもをレンジでチンして、仕上げにハンバーグを焼いた後のフライパンでさっと炒め焼きしておいたもの。これも、シンプルに塩コショウや刻んだローズマリーをふって焼いたままでも、マヨネーズをかけても、各自が自分のお皿で自由にいただけます。


”手抜き”といえば、そうかもしれない。でも、”工夫”といえば、そうとも言える。

ポイントは、”みんなで食卓を囲んだ時に、楽しく食事の時間を過ごせるかどうか”なんじゃないかな...と、思います。







同じカテゴリー(食生活についての雑感)の記事画像
野菜の加工と、調理時間
秋分の日の雑感 2017
しろくま君☆
旬を味わい、季節を味わう
かき氷 ~夏の風物詩~ -3
かき氷 ~夏の風物詩~ -2
やしろの桃 -2
かき氷 ~夏の風物詩~
やしろの桃
夏野菜のシーズン 2017
同じカテゴリー(食生活についての雑感)の記事
 野菜の加工と、調理時間 (2017-09-28 08:20)
 秋分の日の雑感 2017 (2017-09-23 07:10)
 しろくま君☆ (2017-09-08 12:53)
 旬を味わい、季節を味わう (2017-08-22 08:02)
 かき氷 ~夏の風物詩~ -3 (2017-08-13 10:21)
 かき氷 ~夏の風物詩~ -2 (2017-08-09 05:58)
 やしろの桃 -2 (2017-07-25 06:04)
 かき氷 ~夏の風物詩~ (2017-07-24 06:36)
 やしろの桃 (2017-07-19 07:12)
 夏野菜のシーズン 2017 (2017-07-16 16:14)