2013年08月06日

海鮮三昧の夜☆

週末、日曜日の夜に受けとった、娘からの思いがけない贈り物プレゼントは、石巻元気商店 おやじのおまかせセット”でした。



  


すぐに、お礼の電話ケータイをかけると、「おかあさんにはお菓子を送ったけど、おとうさんには何がいいかな...と、いろいろ探して、宮城・石巻復興支援のサイト”石巻元気商店”で一位になってるコレがよさそうだなと思ったから。」とのことだったのでした。

いきなり、1匹まるごとの魚やカニ等の海産物がクール便の箱いっぱい届いて、めちゃくちゃうろたえていた私は、「あなたのその気持ちはうれしいんだけど、本当にうれしいんだけど...。おさかな1匹そのままのが、いっぱい入ってるけど、おかあさんはさばけないよ~。どーすればいいの...。アセアセ」と訴えてしまい、せっかく良かれと思って選んで送ってくれた娘に「ごめん。」と言わせてしまったので...。ちっ、ちっ、ちっ

本来は、仕事の資料作りとか、オーディオルーム整備の続き等に少しでも早く取り組みたかった主人ですが、魚をさばく部分だけは手伝ってくださることになり、「娘への感謝の気持ちを込めて、LINEで、順次、彼女に実況報告しよう。」ということになり...。




「腹が減っては戦ができぬ。」ということなので、
まず最初に、私でもなんとか簡単に対処できそうな
ほたて貝とカニの調理に取りかかりました。スマイル




魚焼き機でじっくり焼いてから、若干オーブンで焼き足してバターしょうゆ焼きにした、ホタテ貝。とっても、おいしかったです。ピカピカ

 



大きなお鍋で、塩ゆでにしたカニ。ゆで上がったカニをさばきながら、好きなカニみそをつまんでいた主人は、とてもうれしそうでした。

 





そのままお刺身で食べることが出来る、
マグロとたこ。




遠くから、花火大会の花火花火のような音が聞こえてきたので、「おうち海鮮居酒屋気分で、楽しもう。」と、白ワインカクテルやノン・アルコールビールビールも登場。赤面

 



さすがに2人ですので、この日のおうちディナーレストランは、ここで終了。後は、後日のための下処理&調理作業に取りかかりました。



主人が「さかなのさばき方」をネット検索して、処理してくれた鯛と金華鯵と金華鯖。

 


きっと、釣り好きなご家庭でしたら、簡単な作業なんでしょうけれど...我家では、かなり、大騒動しながらがんばりました。タラーッ
(※ネット注文する際に、「さばきサービス有り」を選んでおくと、さばかれた状態の魚が送られてくるようです。)


食事の後の一仕事を終えて、主人が自分の部屋に戻った後は、私の調理作業が続きます。塩焼きにした鯛と鯵と半身の鯖。

 



残りの鯖半身を煮つけにしていて、うっかり煮詰めて、もう少しで焦げつかせてしまうところでした。




翌日の昨日、ガーリック炒めにしたイカ。

 




ウニは、主人が丼にしていただくのを楽しみにしているようです。ハート

 



ありがとう。本当に、おいしくて、うれしかったよ~。ニコニコ  (娘への、私信です。赤面








ひとりひとりが、それぞれ、がんばる。

そんなひとたちが集まって、みんなで、がんばる。

そして、みんなそれぞれに、それぞれの夢がある。

そういうのって、ステキだなぁ...と、思います。






同じカテゴリー(食生活についての雑感)の記事画像
野菜の加工と、調理時間
秋分の日の雑感 2017
しろくま君☆
旬を味わい、季節を味わう
かき氷 ~夏の風物詩~ -3
かき氷 ~夏の風物詩~ -2
やしろの桃 -2
かき氷 ~夏の風物詩~
やしろの桃
夏野菜のシーズン 2017
同じカテゴリー(食生活についての雑感)の記事
 野菜の加工と、調理時間 (2017-09-28 08:20)
 秋分の日の雑感 2017 (2017-09-23 07:10)
 しろくま君☆ (2017-09-08 12:53)
 旬を味わい、季節を味わう (2017-08-22 08:02)
 かき氷 ~夏の風物詩~ -3 (2017-08-13 10:21)
 かき氷 ~夏の風物詩~ -2 (2017-08-09 05:58)
 やしろの桃 -2 (2017-07-25 06:04)
 かき氷 ~夏の風物詩~ (2017-07-24 06:36)
 やしろの桃 (2017-07-19 07:12)
 夏野菜のシーズン 2017 (2017-07-16 16:14)