2013年09月08日

COCO‘S (9/7:垂水)

昨日の朝、週末恒例の買い物のため主人と共に実家を訪れてクルマ、まずは義母と息子と共にCOCO’S 神戸高丸店の朝食バイキングレストランへ。



 


そこで一緒に朝食をとりながら、先月末から今月初めにかけて義母と息子が出かけていった東京小旅行のお土産話を聞いたり、もうすぐ新学期が始まる息子の大学生活や実家での日常生活についての話をしたり、いわゆる”打ち合わせモーニング”の時間を過ごしました。スマイル


外食する際には、何らかの形で”おうちごはんの参考になるようなヒント”をいただくことを意識しているため、私はあまりファミレスを利用することがないのですが、娘が大学時代には友人と一緒にいろんなお店に立ち寄ったり、主人もビジネスランチで時々訪れているようで、テレビテレビを見ながら、ファミレスの話題が出ることがあります。


先日、なにげなく観ていた
第2回 ファミレス総選挙」という番組から、
高丸インターのすぐ近くにある、
このCOCO`S神戸高丸店の話が出て、
ネットで調べてみると
朝食バイキングを行っていることを知りました。


”ほぼ毎週末のように実家へ出かけて行って、買いものドライブに出かけて、ランチにも行って”というスケジュールだと、さすがに休日にゆっくり休むことが出来ない分、体力的に負担を感じることがあります。また、ふだん息子がお世話になっているお礼の意味を込めてそういう時に立ち寄るランチなどは当然義母の分も我家がご招待することを心がけているため、基本的な予算(1000円~1500円くらいまで)を設定してお店を選んでいても、積み重なっていくと、さすがに経済的な負担も大きいです。アセアセ


そこで、バリエーションのひとつとして、”朝食抜きで実家に移動し、一緒にモーニングに出かけて行って、開店すぐの六甲のめぐみに立ち寄って新鮮な地元野菜を買って、その後、他のお店に立ち寄りながら買い物を済ませて、実家へお送りすると、お昼過ぎには我家家に戻ってくることが出来るという、半日コース”のスケジュールもいいね。という話になり、さらに、「朝食バイキングという形だとブランチとして、同時にランチも済ませて帰宅することが出来るので、さらに、時間の節約にもなるよね。ピカピカ」ということになったのでした。



比較的早めの時間だったので、落ち着いていた店内の風景。(朝食バイキングは土日祝のみで、午前7時開店だそうです。入店時前払い制で、税込799円。)

 



ドリンクバーコーヒーの種類が豊富なので、びっくりしました。

 


バイキングメニューの内容も、和食系(卵かけごはんや炊き込みごはん、お総菜、お味噌汁やそうめんなど)、洋食系(パン各種やスクランブルエッグ、パスタ、サラダなど)、自分で焼くことができるワッフル等々、今回の旅行で義母と息子が東京で泊ったビジネスホテルの朝食バイキング以上に、種類が豊富だったそうです。

  


  



休日の朝のブランチとしてがっつり食事をしたい主人も、最近、朝食は軽めだという息子も、義母や私も、みんなそれぞれが自分の好きなものを自分のペースでいただけた、ココスの週末朝食バイキングでした。ニコニコ

 


 



COCO’S 神戸高丸店の所在地>
◇神戸市垂水区潮見が丘2-1-48 ℡:078-704-3220




*************************


今春の大学入学に伴って、息子は神戸の主人の実家に半下宿しています。

義母は、一人暮らしの寂しさや不安がなくなった半面、(息子には、「下宿なんだから、自分のことはきちんと自分でするように。社会人になった時、一人暮らしをしても大丈夫なように、おばあちゃんのお手伝いをして練習しておくように。」とは言っているのですが...タラーッ)、やはり、どうしても買い物や食事作りなどの家事負担が義母に増えてしまっているため、事前に必要な食料品や日用品をうかがって購入しておいてお届けしたり、今まで以上にできるだけ週末の買い物にお誘いクルマするように心がけるようにして、半年。

そして、たとえ、私たちが訪れることができない週末でも、息子の所用がない場合は彼が荷物持ち役として、義母の買い物におつきあいするようにしてくれているようです。


すべての物事には、ひとつの視点だけでは判断できない、いろいろな面があるから。

”一緒に、買い物に出かける”という行為の中にも、”どんなものを、なぜ、必要としているのか”というなにげない会話の中に大切なコミュニケーションがあったり、”どこに、どんなものを買いに行きたいのか”という事の中にこだわりや、気分転換のお出かけの意味があったり。


”買い物に出かけるついでに、ランチに立ち寄る”という行為の中にも、単に、外食をするというだけではない、いろんな意味があると思っています。

食事をしながらかわす会話の中に存在するなにげないコミュニケーションは、日常生活を離れて過ごしている家族においても重要な要素を含む”現在”を気づかせてくれる、”大切な時間”だと、思います。




同じカテゴリー(グルメ (垂水・須磨))の記事画像
父の日ランチ、Part2...? (7/18:垂水)
天ぷら海鮮 五福 (8/8:名谷)
ときわそば (6/6:垂水)
こだわり揚げもの・サラダ 揚匠 (5/30:舞子)
パティスリー アグリコール (11/23:垂水)
ステーキ工房 小粋 (11/23:垂水)
Mother Moon Cafe & grill (9/14:垂水)
広東料理 林仔 (8/23:舞子)
食道園ヤク― (8/15:垂水)
ひつじ屋 (8/15:舞子)
同じカテゴリー(グルメ (垂水・須磨))の記事
 父の日ランチ、Part2...? (7/18:垂水) (2016-06-20 08:51)
 天ぷら海鮮 五福 (8/8:名谷) (2015-08-18 17:49)
 ときわそば (6/6:垂水) (2015-06-12 06:05)
 こだわり揚げもの・サラダ 揚匠 (5/30:舞子) (2015-06-03 09:42)
 パティスリー アグリコール (11/23:垂水) (2014-12-03 06:34)
 ステーキ工房 小粋 (11/23:垂水) (2014-12-02 07:25)
 Mother Moon Cafe & grill (9/14:垂水) (2014-09-19 07:01)
 広東料理 林仔 (8/23:舞子) (2014-08-27 18:12)
 食道園ヤク― (8/15:垂水) (2014-08-19 06:28)
 ひつじ屋 (8/15:舞子) (2014-08-18 14:24)