2013年12月05日

”お返し”についての雑感

昨日、先日牡蠣の詰め合わせセットをお贈りした叔母より、お気もちのこもったお返しの贈物プレゼントが届きました。オドロキ



”倍返し”以上のお気もちに、うれしいというより、むしろ恐縮の思いと共にかけたお礼の電話での、会話の中で...。



誰かから、何かをいただいた時のお返しというものは、それを受け取った時の自分の気持ちを、自分に出来る範囲で、素直な気持ちで形にするもの”なんだと、教えていただいたような気がします。



けっして背伸びをせず、無理をしない範囲で選んだ結果が、”倍返し”になるのか、”半返し”になるのか、時には、”あえて、すぐにはお返しをしない”という選択もある。

一番、人として良くないと思うのは、”してもらって、いただいて、あたりまえ”という感覚になったり、ひたすら要求するだけの人間になってしまったりすることなんだと。



今年、流行ったドラマ「半沢直樹」の中で使われていた、”やられたら、やり返す”という逆の意味での”倍返し”の言葉が流行語大賞にも選ばれていましたが、「マイナスの方面に自分の気持ちをむけていたら、相手が受けるであろうダメージ以上に、自分自身のパワーをすり減らしちゃうよ。」「むしろ、プラスの方面で”倍返し”が循環する方が、自分にとってもプラスになって気持ちいいよね。」と言って下さった叔母の言葉に、なんだか、いろんな事で落ち込み気味だった私の心が救われるような想いがしました。



”性善説”だけを信じて生きていくには、生きにくい厳しい時代ではありますが、私も私なりに、自分に出来る範囲での、いい意味での”倍返し”を心がけていられるようでありたいものだと、思います。





【追記:12/7】

昨夜のフィギュアスケートグランプリファイナル福岡2013にて、羽生結弦選手が絶対王者パトリック・チャン選手を破り、優勝しました。ニコニコ

数年前から完璧な演技で他者を寄せ付けないくらいに強かったパトリック・チャン選手の背中を追いながら、追いつけない自分との距離感の悔しさをバネに練習を続け、自分を高め続けてきた彼の努力が実ったすばらしい演技には、目が釘付けになるほどでした。

おめでとうございます。拍手


これもまた、他者の努力とその成果としての結果を、自分もまたさらに高みを目指す動機付けとして自分自身の結果につなげるという、”いい意味でのお返し”なのだろうと、思います。

気が早いですが...来年のソチ・オリンピックでの対決が楽しみです。


そして、今回の大会をケガで欠場となった高橋大輔選手の、全日本選手権でのご活躍を、心から楽しみにしています。






同じカテゴリー(日常の雑感)の記事画像
2018年 元旦
年末の雑感 2017 (12/31)
クリスマスイブの週末
12月中旬の風景 2017
12月初旬の風景 2017
自分だけの癒しの時間
台風21号 
流れていくこと、”流れ(変化)”があること
眠レナイ夜
故郷への想い
同じカテゴリー(日常の雑感)の記事
 東播磨のコマーシャル (2018-05-24 06:07)
 ≪変化≫と≪希望≫ (2018-02-24 20:54)
 ご挨拶 ー 2 (2018-02-12 10:34)
 ご挨拶 - 1 (2018-01-29 13:10)
 2018年 元旦 (2018-01-02 15:53)
 年末の雑感 2017 (12/31) (2017-12-31 09:55)
 クリスマスイブの週末 (2017-12-25 06:03)
 12月中旬の風景 2017 (2017-12-12 06:10)
 12月初旬の風景 2017 (2017-12-08 06:31)
 自分だけの癒しの時間 (2017-11-22 07:43)