2014年07月03日

”脇を固める”ということについての雑感

”脇を固める”という言葉は、能の世界からきているそうです。

”脇”とは、芝居でいう”脇役”の事で、舞台の成功のために、主役(シテ)を支える重要な存在となります。

そんなことを、ふと、思いながら...。





今回の私の東京滞在は、私にとって、今年3月訪問時の続編のようなところがありました。

”深夜、疲れて帰宅する娘を、夕食を用意して、「お帰り。」と言って待っていてあげたい。”という母の想い。


人生において、”もしも”という発想は無意味だと理解しているつもりでも、時折、”もし、娘の就職した先が自宅から通勤可能なところだったとしたら...。”と、つい思ってしまうのは、母親の性であり、ある意味では、"親のわがまま"なのかもしれないとも思います。



同僚にシフト交替をお願いしたり、仕事を終えてから出かけて行く時には、新幹線の時間の関係上、職場にも事情をお話して定時に退勤できるようお願いしていたりもするため、”やっぱり、子離れって難しい。アセアセ”と自戒したりもしています。


でも、”主役を支える”ということは、すなわち、”誰かをサポートする役どころ”なのだとするならば、それもまた、大切なことなのかもしれないな...とも、思います。

母として子供をサポートする立場であったり、子供として親をサポートする必要があったりする立場でもある年代の現在、”脇を固めるうえで、もっとも大切なのは、自分自身の健康なのかもしれない。”と、そんなことを、しみじみと感じる今日この頃です。タラーッ




2010年10月に、娘の誕生日プレゼントとして
リクエストされたガジュマルは、
あいかわらず、今も我家のデッキにいます。アセアセ







たぶん、”この鉢を娘のところに持って行っても、大丈夫だ。”と、安心して手放せる時が、ある意味で、ようやく、私自身が子離れできると思える時期なのかもしれません。





タグ :my garden

同じカテゴリー(My Garden)の記事画像
1月中旬の風景 2018
12月下旬の風景
冬の種まき
12月中旬の風景 2017
12月初旬の風景 2017
雫
10月中旬の風景 2017 -2
10月中旬の風景 2017
秋分の日の雑感 2017
秋の種まき
同じカテゴリー(My Garden)の記事
 1月中旬の風景 2018 (2018-01-16 07:32)
 12月下旬の風景 (2017-12-29 07:46)
 冬の種まき (2017-12-19 10:39)
 12月中旬の風景 2017 (2017-12-12 06:10)
 12月初旬の風景 2017 (2017-12-08 06:31)
  (2017-11-26 21:20)
 10月中旬の風景 2017 -2 (2017-10-16 06:02)
 10月中旬の風景 2017 (2017-10-13 05:06)
 秋分の日の雑感 2017 (2017-09-23 07:10)
 秋の種まき (2017-09-19 05:29)