2015年06月27日

6月下旬の風景 2015 -1

雨 はあがりましたが、今朝は風が強いです。

先週末、娘が帰省していた際に自分のPCの不調について主人といろいろ話をしていたので、今週末は仕事で出かけて行った新幹線ついでに、主人が娘の部屋に泊まり込みで彼女のPCパソコンのメンテナンス作業を行っています。

昨夜は、仕事を終えた主人と彼女が待ち合わせて、1週間遅れの父の日ディナーレストラン。(と言っても、娘は予約しただけで、ごちそうしたのは父のようですが...。ヒ・ミ・ツ

 


ということで、昨夜は仕事を終えてから、私ひとりの我家に戻って、ぼんやりと考えていたこと、あれこれ。

人間関係って、なにもかも順調にうまくいっている時よりも、いろいろなことに行き詰って、脱出できない迷路に落ち込んでどん底でもがいているような状況にある時の自分に対して相手がふるまうなにげない言動の中の方が、その相手が自分に対して持っている本音の部分とか、自分と相手との関係性がくっきりと見えてくるような気がします。



”みんなが同じ物事を見ているつもりでも、それぞれが自分の考えや視点で見ているので、そこから感じ取ることや、判断した結果はまったく違うことがある。”

そんなあたりまえのことですら、スムーズに物事が流れている時には気がつかないままできて、いったん何かトラブルやアクシデントが生じてから、その原因の中に、そういった水面下に潜んでいた考え方や視点の違いがあることが判明した場合。

お互いの間に上下関係や利害関係がある際に、特に、そういう人間関係のひずみが鮮明に見えてくるものだと、思います。



いい結果が出ている時には、
良好な関係であっても、
思いがけない不本意な事態に遭遇して、
不利益が出た場合に、


問題解決のために、原因となった問題を分析するために、心を開いて一緒に話し合い、お互いの考え方や視点の違いを冷静に認め合って、問題対処のためにどうすればいいのかを歩み寄れるような関係でなければ、先に進めない。




生じた問題の原因について、誰かに責任をなすりつけたり、他人を非難して攻撃的な言動を行うことによって自分の考え方や主張ばかりを正当化したりするような状況下では、解決するどころか、どんどん深みにはまっていくばかり。


なんとなく、そんなふうに、思います。



タグ :my garden

同じカテゴリー(My Garden)の記事画像
1月中旬の風景 2018
12月下旬の風景
冬の種まき
12月中旬の風景 2017
12月初旬の風景 2017
雫
10月中旬の風景 2017 -2
10月中旬の風景 2017
秋分の日の雑感 2017
秋の種まき
同じカテゴリー(My Garden)の記事
 1月中旬の風景 2018 (2018-01-16 07:32)
 12月下旬の風景 (2017-12-29 07:46)
 冬の種まき (2017-12-19 10:39)
 12月中旬の風景 2017 (2017-12-12 06:10)
 12月初旬の風景 2017 (2017-12-08 06:31)
  (2017-11-26 21:20)
 10月中旬の風景 2017 -2 (2017-10-16 06:02)
 10月中旬の風景 2017 (2017-10-13 05:06)
 秋分の日の雑感 2017 (2017-09-23 07:10)
 秋の種まき (2017-09-19 05:29)