2015年12月02日

なつかしの部活感覚 ~カラオケ同好会~ At まねきねこ

先月末の休日、朝練のつもりで早朝からまねきねこへ。

その日に確定した、11月最終の個人のベスト10。

1位 忘れられた部屋で (谷山浩子)  91.478点
2位 紙ヒコーキ (松任谷由実)     90.460点
3位 テングサの歌 (谷山浩子)     90.453点
4位 あたしの恋人 (谷山浩子)     90.062点
5位 ジュリアに傷心 (チェッカーズ)  89.651点
6位 たんぽぽ (ガロ)           89.497点
7位 おさかなはあみの中 (谷山浩子) 89.362点 
8位 散歩 (ガロ)              89.356点
9位 愛あればこそ (宝塚歌劇団)    89.250点
10位 あぶな坂 (中島みゆき)      89.082点



そして今朝、”12月になったので、先月のりれきが消えちゃったな...”と思っていたら、Tさんから「おはよう。今日は、仕事お休み?」と電話ケータイが入ってきた。前回、ランチレストランのお誘いをカラオケカラオケに変更していただいたので、今回こそランチかなと思っていたら、「真剣に自己ベストに挑戦する部活感覚のカラオケが楽しかったので、良かったら、またカラオケにいかない?」とのお誘いでした。スマイル





ということで、Tさんとともに
12月第1回目の
「カラオケ同好会」へ。






週に1度コーラスに参加され、ボイストレーニングも行っておられるTさんは得意曲では90点越えの点数を着実に取っていかれますが、私は80点台後半でアップダウン、なんとか90点台にのせても最後で失速してしまうパターンが多いです。

そして、昔聴きこんでいた好きな歌だから高得点が出るのかと言えばそういうわけでもなくて、やっぱり自分が自然体で歌っていて気持ちがいい歌だと、結果的に高得点になっているということも、なるほどなぁ...と、思います。

うまく歌おうとか、高得点を取ろうとか、全国順位をあげようとか、そういったことをできるだけ意識することなく、昔の部活感覚で、”自分が好きな歌を、想いを込めて歌いたい”という気持ちで、”心を込めて歌いこんでいくことによって、少しずつその歌詞とメロディが自分の中にしっかり馴染んでいき、その結果として、過去に自分が出した得点を超えて、自己記録を更新出来ればうれしいな。”と思うこと。

それが、私にとっては、部活感覚のカラオケマイクでストレス発散する大切なポイントなんじゃないかな...と、思っています。

12月第1回目のTOP10。

1.愛あればこそ (宝塚歌劇団)
2.海鳴り (中島みゆき)
3.ジュリアに傷心 (チェッカーズ)
4.HELP! (THE BEATLES)
5.THE BOXER (S&G)
6.積木の家 (谷山浩子)
7.異邦人 (久保田早紀)
8.SAILING (ROD STEWART)
9.本日は雪天なり (谷山浩子)
10.時代 (中島みゆき)


「つばさ」はまだまだオリジナルの聴きこみが足りないと思いつつも、毎回、強化練習中。アセアセ







 急なお誘いだったけれど、
 途中のスーパーで、パンや
 お寿司、焼きそばなどを2人で購入し、
 我家でランチをご一緒したつもりで、
 今夜の夕食用に作っておいた
 手作りハンバーグやブリ大根なども
 タッパに詰めて、持参しました。ニコニコ



けっして贅沢なランチではないけれど、こういう雰囲気って、はるか昔の部活感覚を思いだすのには似合っていると、思います。赤面

高校時代、親からいただいたお小遣いで欲しいレコードレコードや本本を買うために、お弁当替わりの昼食代や部活の後の軽食代を節約して、とにかく何かを食べてつないでいればいいや...みたいな感覚で、食生活にはまったく無頓着だった頃。

当然、食生活だけじゃなく、おしゃれにも無頓着で、ひたすら、好きな音楽と本の世界に没頭していた青春時代。

実家の父から、「(私の才能的にも...タラーッ)その道で、将来生計を立てていける訳はないんだから、音楽に一生懸命になるよりも、学生の本分である勉強にもっと本腰を入れて取り組むように。」と言われるたびに、心の底で反抗していた若かった頃の私が、今もなお、私のそばにいるような気がします。


”たぶん、過去に実家の父が言っていたことは、ある意味では正論だったのだろう”と、私もまた子育てする日々の中で、似たようなことを自分の子供たちに言いたくなるたびに、ずっと、思ってきました。


でも、今の年代になって、過去の幼かった頃、若かった頃、ずっと好きだった音楽の数々が、長い年月を経てもなお、私自身を支え、励まし、パワーを与えてくれることを、しみじみと感じます。


先日のフィギュアスケートグランプリシリーズのNHK杯で、羽生結弦選手が史上初の300点を超え、世界最高得点を更新して優勝を果たしてもなお、”これからの自分は、過去の自分を超えることをめざしていく”と語っていたような、ハイレベルなものではないのだけれど...。アセアセ


なによりも自分が本当に心から好きなものに対して、真剣に真摯に向かい合う自分がいて、そういうものを大切に想う気持ちを大切にして、(けっして、他人と比較してどうこういうようなレベルではなく)あくまで、過去の自分自身よりも、たとえ一歩でも、点数に換算すれば次は0.001でも、進歩していたいと願う気持ちを持ち続けられることが、”生きること”、”未来への希望”につながる原動力になるんじゃないのかな...と、思うのです。


今現在の私自身への応援歌であり、心の支えの大切な曲音符です。ピカピカ




そして、今、なんとなく練習を始めたいと思っている歌。



Joysoundの曲予約のあいまに、CMのような感じで流れていた映像と音楽がいいな...と思って検索してみたら、携帯会社の公式でフルバージョンが公開されていました。BIGINが作曲したという歌自体がいいうえに、浦島太郎を演じている桐谷健太さんの個性が出ている歌い方もいいし、やっぱり、海の映像がいい。癒される音楽と風景が、私はやっぱり、好きです。



同じカテゴリー(お出かけ (カラオケ同好会))の記事画像
カラオケ同好会 2017.12
カラオケ同好会&忘年会ランチ
カラオケ同好会 2017.11
カラオケ同好会 2017.10
カラオケ同好会 2017.9
眠レナイ夜
カラオケ同好会 2017.8
全力で逃げる
カラオケ同好会 2017.7
夏休み
同じカテゴリー(お出かけ (カラオケ同好会))の記事
 カラオケ同好会 2017.12 (2018-01-03 08:02)
 カラオケ同好会&忘年会ランチ (2017-12-06 07:16)
 カラオケ同好会 2017.11 (2017-12-01 06:25)
 カラオケ同好会 2017.10 (2017-11-01 10:36)
 カラオケ同好会 2017.9 (2017-10-10 06:40)
 眠レナイ夜 (2017-10-08 04:19)
 カラオケ同好会 2017.8 (2017-09-02 06:05)
 全力で逃げる (2017-08-24 07:29)
 カラオケ同好会 2017.7 (2017-08-03 05:46)
 夏休み (2017-07-21 08:16)

Posted by Dreamer  at 19:34 │お出かけ (カラオケ同好会)音楽の話