2016年10月25日

10月下旬の風景 2016

先週末、息子が帰ってきて、翌日実家へ送って行きクルマ、義母をお買い物にお連れして、帰宅する時に見た空。

たとえ空がどんよりと曇っていても、雲の隙間から差し込む光が、気持ちを明るくしてくれます。スマイル




義母と共にスーパーに行って、「最近、葉物野菜が高くて、なかなか購入する気になれない...。」と2人で嘆いていたので、帰宅後、主人がお休みしていた水耕栽培を再開してくれました。ニコニコ

9月の下旬にリビングにマッサージチェアを置くため、室内の模様替えをした際に、水耕栽培をいったんすべて収穫して、置台の場所を移動して、なんとなくそのままだったのです...。

種をまいて、収穫できるまで1か月くらいかかると思うけれど、レタスが自宅で収穫できるのは、今はとってもありがたいので、”Green Farmの周りで、トトロダンスを踊ったら、一晩で芽が出て双葉大きくなるだろうか...。キョロキョロ アセアセ”と、ちょっと真剣に思ってしまった、2016年の秋もみじです。赤面




2016年10月24日、
神戸新聞朝刊に掲載されていた

元陸上選手 為末 大氏の
識者の視点 「スポーツで学べること
見知らぬ自分自身と付き合う」より




”競技の最中は明らかに考えて行うことと、反射的に行うことが入りまじってくる。”

”反射的に判断することに関しての頭の使い方は球技でよく見られ、とにかく反応速度の速さに尽きる。他方で現状を分析し、どうすれば勝てるかを考えることも重要で、これは洞察力と思考力が必要になる。”

”人間の動作や思考の仕方が属する集団に影響を受けるとよく言われる。”

”自分自身を変えようとするよりも、当たり前とする前提が違う集団に身を置いた方が、案外、簡単に自分が変わっていく。”

”スポーツ心理学ではコントロールできないものは考えず、コントロールできるものに意識を向けるという考え方をする。自分の知らない自分をコントロールできなくても、周辺の環境はコントロールできる。場所を変え、見方を変え、パターンを変えることで、目指すものに近づくことができる。”





同じカテゴリー(My Garden)の記事画像
1月中旬の風景 2018
12月下旬の風景
冬の種まき
12月中旬の風景 2017
12月初旬の風景 2017
雫
10月中旬の風景 2017 -2
10月中旬の風景 2017
秋分の日の雑感 2017
秋の種まき
同じカテゴリー(My Garden)の記事
 1月中旬の風景 2018 (2018-01-16 07:32)
 12月下旬の風景 (2017-12-29 07:46)
 冬の種まき (2017-12-19 10:39)
 12月中旬の風景 2017 (2017-12-12 06:10)
 12月初旬の風景 2017 (2017-12-08 06:31)
  (2017-11-26 21:20)
 10月中旬の風景 2017 -2 (2017-10-16 06:02)
 10月中旬の風景 2017 (2017-10-13 05:06)
 秋分の日の雑感 2017 (2017-09-23 07:10)
 秋の種まき (2017-09-19 05:29)