2017年10月29日

大野真澄 GARO 青春の旅路 ACT6+α (2017.10.19)

大野真澄 ~GARO 青春の旅路 ACT6+α ~ At ラドンナ原宿 (2017.10.19)



ボーカルこと大野真澄さん(Vo.Gt.)
サポート:鈴木雄大さん(Vo.Gt.)、太田美知彦さん(Vo. Pf.Gt.)、細井豊さん(センチメンタル・シティ・ロマンス / Key.)

<第1部>
1.Honesty (Billy Joel)
2.ニューヨークの想い (Billy Joel)
3.Teach your children (CSN&Y)
4.Ohio (CSN&Y)
5.たんぽぽ (ガロ)
6.忘れていたもの (ガロ)
7.美しすぎて (ガロ)
8.暗い部屋 (ガロ)

<第2部>
9.平凡なこと (大野真澄)
10.ダーリンすべてを忘れようじゃないか (松田優作)
11.君想う (大野真澄)
12.クールになりたい (大野真澄)

13.思い出の渚 (ザ・ワイルドワンズ) 
  ※特別ゲスト:植田芳暁(リリーズと共に、大野さんのお誕生日を祝って登場)

14.君の誕生日 (ガロ)
15.ロマンス (ガロ)
16.涙はいらない (ガロ)
17.空中ブランコ (ガロ)
18.遠い春 (ガロ)
19.何もかも遠くに (ガロ)
20.木馬 (ガロ)
21.時の魔法 (ガロ)

<アンコール>
22.吟遊詩人 (ガロ)
23.一枚の楽譜 (ガロ)
24.学生街の喫茶店 (ガロ)
25.ワンパイントのラム酒に乾杯 (大野真澄)


今回は、最初にビリージョエルやCSN&Yの洋楽でスタート。

”青春の旅路ACT6+α”の+αの部分に、大野さんご自身のこだわりが感じられる選曲でした。


  


Posted by Dreamer  at 07:29音楽の話

2017年10月23日

台風21号 

台風の雨と風の音を聞きながら、不安な思いで眠りについた昨夜。

早朝、駅にむかった主人は現在(午前5時30分頃)電車が止まっているので、いったん自宅に戻ってきました。


加古川の水位が、かなり上がっています。




午前7時過ぎ現在、日が昇り、青空が見えています。

今日も、穏やかで、笑顔でいられる1日でありますように。


  
タグ :台風


Posted by Dreamer  at 06:03日常の雑感

2017年10月21日

心の旅 2017.10

今週、東京へ行っていました。



子供たちそれぞれのところへ行って、気になるところの掃除をしたり、大好きなライブに行って音楽に酔いしれたり、お世話になった大切なお店がもうすぐ閉店するので訪れてオーナーさんとお話したり...。


短い時間だったけれど、とても充実した3日間でした。


  


Posted by Dreamer  at 06:57お出かけ (東京)

2017年10月16日

10月中旬の風景 2017 -2

レタスは、昨日、初収穫。



菊菜もゆっくり成長しているけれど、ほうれん草はあいかわらず...。タラーッ


水耕栽培への向き不向き、季節や環境によるもの、種による違い。


ガーデニングと同様、水耕栽培も、子育てに通じるものがあるんだな...と、思います。




  


Posted by Dreamer  at 06:02My Garden

2017年10月13日

流れていくこと、”流れ(変化)”があること

先日訪れた、福島・五色沼自然探勝路の風景から。




今回の裏磐梯・猪苗代湖へのドライブで、観光のメインだった五色沼自然探勝路散策。


磐梯山と美しい沼の数々の風景をながめながら、気持ちのいい空気につつまれ、心地いい水の流れのせせらぎを聴いて、歩いていました。

”沼って、もっと、どんよりした空気が漂っているイメージがあったけれど、びっくりするほど、清らかな空気があふれているのは、水の流れがあるからなのかもしれない。”と、途中、出逢った方々も、私と同じ感想をもらしておられました。


大きな自然の中で、無心で歩き続けて、考えるというより、その前に、感じていたこと。


いろんな変化の中で、もまれて、驚いたり、悩んだり、ある時は苦しみ、ある時は喜び。


年齢を重ねるうちに、どんなに抗ったとしても、自分の非力さが身にしみて落ち込むだけなので、片意地を張らず、変化の流れにただ流される術を身につけようと思うようになっているのは、逃げることを学んだようにも思っていたけれど...。



”流れ(変化)”があるからこそ、水はよどむことなく、清らかであり続けることができるんだな...とか。

大きな自然の中で、山から海に向かって、高いところから低いところへ流れていくのは、自然の摂理なんだな...とか。

せめて、それならば、”流される”のではなく、少しでも、自分の意志で”流れて”いきたい...とか。


そんなことを想う、2017年の秋です。




  
タグ :流れ変化


Posted by Dreamer  at 06:46日常の雑感お出かけ (東北)

2017年10月13日

10月中旬の風景 2017

水耕栽培のレタスは順調。水菜も成長してきました。




でも、ほうれん草は、まだ芽が出てきません。

難易度が高いとわかってはいましたが、やはり、そのスペースを無難なレタスに戻してしまいそうです...。アセアセ



  » 続きを読む


Posted by Dreamer  at 05:06My Garden

2017年10月10日

カラオケ同好会 2017.9

2017年9月度カラオケ同好会での、私のトップ10の覚書。

1.紙ヒコーキ (松任谷由実) 96.809点
2.恋はみずいろ (森山良子) 96.208点
3.恋はみずいろ (CHARA) 95.927点
4.OH MY LOVE (JOHN LENNON) 95.367点
5.翳りゆく部屋  (松任谷由実) 95.022点
6.たんぽぽ (ガロ) 94.651点
7.月迷風影 (有坂美香)  94.409点
8.私のフランソワーズ (松任谷由実) 94.337点
9..旅立つ秋 (松任谷由実) 94.172点
10.花の首飾り(仲村瑠璃亜) 94.130点

BEST10の合計点数は、951.079点。




記録を残さないまま、月が替わったと思っていたら、
データが残っているのを発見しました。スマイル

好きな歌だから、高得点をとれるのか、
結果を出せるから、好きな歌になるのか...。

毎月、似たような歌が入っています。




それでも、ふと気まぐれに歌ってみた選曲で、意外な高得点が出せただけでなく、歌っている時の自分がとても気持ち良かったのに気がついた時、”こんな時間も、やっぱり、私にとっての「発見の旅」のひとつなのかもしれない。”と思います。


  » 続きを読む


Posted by Dreamer  at 06:40お出かけ (カラオケ同好会)

2017年10月08日

眠レナイ夜

いろんなことを考えすぎてしまって、眠れない夜。

いろんなことを考えすぎてしまって、泣きたいのに泣けない夜。





”心の傷口は自分では縫えない”

”子供の頃に好きだった歌”は、”心を眠らせて”くれる。


そんなことを、想う夜。



  » 続きを読む


2017年10月06日

故郷への想い

ご縁があって、再び訪れた福島にて。




宿泊した宿で、夕食時に近くのテーブル席だったご夫婦のご主人から、「地酒を、ご主人、一緒にいかがですか?」と声をかけていただきました。

私たちの会話を聞いて、関西からの旅行客だとわかられたようで...。


「遠くから、福島に来ていただいてありがとう。」と...。



なごやかに、ご一緒に地酒のお話などをさせていただきながら、伝わってきた”故郷を愛する想い”。

心に響いた夜でした。


  
タグ :故郷想い


Posted by Dreamer  at 20:06日常の雑感お出かけ (東北)

2017年10月02日

秋の福島 2017

週末、秋の福島へ。


前回の東北旅行から、3年。

今回の発見の旅の視点は、旅先の風景以上に、自分自身の内面へむかっていたような気がします。


裏磐梯の、五色沼自然探勝路

ゆっくり歩いて1時間半弱のトレッキングコースは、美しい沼と山々の風景を見ながら、水のせせらぎを聴きながら、緑の中を歩いていく癒しの散策でした。


今回の旅を通じて、感じていたこと。

”今、現在の、自分らしく、自然体でありたい”と、いうこと。


3年前の自分だけでなく、過去のどの時期とも違う、”今、現在の自分らしさ”というのは、きちんと素直に、自分が自分自身の内面にむかいあわないと発見できないから。

年齢を重ねると、いやでも体力的に衰えているし、それゆえに気力的に弱くなっている部分もある。

でも、過去のいろんな経験から、昔より多少は応用が利く(臨機応変な考え方や対応が出来る)ようになっている分だけ、しなやかに、たくましくなっている部分があると思うし、そうでないといけないな...とも思います。





『 真の発見の旅とは、

  新しい景色を探すことではない。

  新しい目で見ることなのだ。

  ― マルセル・プルースト ― 』


  


Posted by Dreamer  at 06:10お出かけ (東北)