2017年05月24日

季節の贈り物 2017.5

毎年、春にいかなごのくぎ煮を送っていた、私の田舎からトマトが、京都の叔母から新茶が今年も届きました。



今年は、いかなごが入手できなくて、自宅分すら炊けなかったのに...。


来年こそは、なんとかがんばっていかなごを購入して、ちゃんとくぎ煮を炊けますように...。アセアセ


  


Posted by Dreamer at 08:31日常の雑感

2017年05月22日

おそとごはんと、手料理についてのひとりごと

先週末の息子の引っ越し手伝い時の、東京での食事データから。




引っ越し作業(生活に必要な家電やふとんなどの買い物)に出かけていた駅前で購入したお弁当や、外食の記録。


まったく何もない状態から、ひとが生活できる最低限のものをそろえていく過程でいただいたお弁当とか、外食メニューって、きっと、その時にはなにげないものでも、いつの日にか引っ越しの日の大切な思い出のワンシーンになっているのかもしれないと、思います。


そして、私のこだわりは、お引越しの際には、やっぱり、まず、お蕎麦なんだなぁ...とも、思うのです。



  続きを読む


2017年05月21日

5月中旬の風景-2 2017

昨日の花壇の風景から。




昨日の午後、主人の実家へ行き、息子がGWに帰省した際に、この春まで使わせていただいていた部屋に残しているものの中から送って欲しいと言ってまとめてあったという荷物が入った段ボールを持ち帰ってきました。

郵便局から発送する前に、義母から追加で入れて欲しいと預かった息子の好きなコーヒーに加えて、先週末に東京で買いそびれていたもので我家にあるものを、段ボールの隙間がすべて埋まるまでぎっしり詰め込んで...。アセアセ


4年前に、娘が新生活を始めた時も、こんなだったなぁ...と、思いだしていました。

彼女なりの生活ペースがしっかり出来てからは、よぶんなものを送るとかえって邪魔になってはいけないと、何かをこちらから送るより、向こうに行った際に一緒に買い物をするようになっていきましたが、息子もそのうちに、そうなっていくのだろうな...と思いつつ。



「5月はGWに息子が帰省してきたし、引っ越しの手伝いで東京に行ったしで、4月に満願したお遍路のお礼の高野山へは行けなかった。早く、お礼参りに行かないといけない。」との主人の言葉は、あいかわらず子離れしきれていない私への、前向きになるようにとのメッセージだとわかっているから...。

真夏になる前に、高野山へお礼参りに行けたらいいなぁ...と、思います。


  続きを読む


Posted by Dreamer at 21:10My Garden

2017年05月18日

5月中旬の風景-1 2017

5月中旬の風景から。




先週末からの引っ越しを終えて東京から帰ってきて、職場が忙しくて、ふと気がつくと...。

羽衣ジャスミンと白いモッコウバラはもちろん、色違いのハニーサックルが咲き始めて、いい香りを漂わせています。

バラやハーブだけでなく、先日植えたプチトマトやキュウリも花を咲かせ始めました。



毎年、モッコウバラが咲くたびに、”この花は、秋篠宮家の眞子さまのお印の花だったなぁ...。”と思っていたのですが、先日、”眞子さまがご婚約”というニュースが報道されていました。


明るい話題やニュースは、やはり、ひとの心を和ませるものだと、思います。





  
タグ :my garden


Posted by Dreamer at 15:51My Garden

2017年05月16日

母の日に




今春の入社後、研修中だった息子の配属先が決まったので、
先週末、仮住まいの寮から彼の新居にお引越し。

「娘の就職の際に、協力し援助したのと同じことはしてやりたい。」
という親の想いで、主人と共に行ってきました。





先週、代行で転出届をいただきに行って、”とうとう彼も、我家から旅立つんだ...”と、あらためて実感。

新生活に最低限必要なものを買いそろえている時、「母の日だから、何か、買おうか?」と息子が言ってくれたのはうれしかったのだけれど、「新生活が始まるとこれからいろいろ物入りになってくるから、気持ちだけで充分。母にとっては、あなたが、元気で自分の人生を歩んでいってくれるのが、なによりのプレゼントだから。」と答えながら、”「引越しの手伝いは、いらない。」と最初は言っていたのに、親の想いを受け取ってくれて、こうして手伝えるのも、私にとってはなによりの母の日のプレゼントなのかもしれない。”と思っていました。


子供たちがいるからこそ、母としての自分がいる。

子育ての期間中、ずっと子供たちの成長に支えられてきたように、未来に向けて、自立して歩んでいく姿を見守ることが、今もなお、心の支えになっている私がいる。

”ありがとう”と感謝するのは、母も同じなのだと。



体力的にも、気力的にも、経済的にも、子供たちに協力したり、援助したりすることは、これからどんどん厳しくなっていくのだろうけれど、強がりでもいいから、”「あなたは、あなた自身の人生を楽しみながら、自分なりに一生懸命がんばってくれることが、なによりの親孝行だから。」と言って子供たちを見守り続けていける親でありたい。”という願いが、これからも、私の心の支えになっていくのだろうと、思います。

  
タグ :母の日


Posted by Dreamer at 06:12お出かけ (東京)

2017年05月09日

四国八十八ヶ所お遍路の旅 まとめ  (2016.10.1~2017.4/10)



昨年10月にスタートし、先月満願した、我家の四国八十八ヵ所お遍路の旅。


四国八十八ヵ所お遍路の旅 バスツアー編 第1回1~6番 (2016.10/1)



四国八十八ヵ所お遍路の旅 香川・坂出旅行-1 (2016.10/8)
四国八十八ヵ所お遍路の旅 香川・坂出旅行-2 (2016.10/10)



四国八十八ヶ所お遍路の旅 香川-1 (2016.12/16)
四国八十八ヶ所お遍路の旅 香川-2 (2016.12/17)
四国八十八ヶ所お遍路の旅 香川-3 (2016.12/18)



四国八十八ヶ所お遍路の旅 徳島-1 (2017.1/28)
四国八十八ヶ所お遍路の旅 徳島-2 (2017.1/29)



四国八十八ヶ所お遍路の旅 高知-1 (2017.2/25)
四国八十八ヶ所お遍路の旅 高知-2 (2017.2/26)
四国八十八ヶ所お遍路の旅 高知-3 (2017.2/27)



四国八十八ヶ所お遍路の旅 愛媛-1  (2017.3/18)
四国八十八ヶ所お遍路の旅 愛媛-2  (2017.3/19)



四国八十八ヶ所お遍路の旅 愛媛-3  (2017.4/9)
四国八十八ヶ所お遍路の旅 満願  (2017.4/10)



GWに、残っていた資料の整理がひとまず終了しました。

お遍路で立ち寄った四国各地のいろいろな思い出を振り返ってみても、もう一度、訪れたいと思う魅力的なところがたくさんありました。
また、のんびりゆっくり、ひとりの観光客として、訪れる日が楽しみです。ピカピカ







『 真の発見の旅とは、

  新しい景色を探すことではない。

  新しい目で見ることなのだ。

  ― マルセル・プルースト ― 』


  


Posted by Dreamer at 17:42お出かけ (四国)

2017年05月09日

お弁当の思い出

今春の入社後、研修を終えた息子は、どうやらそのまま東京勤務になるようなので、現在研修のための仮入居でお世話になっている寮から、今月中にお引越しをするようです。

その後は、いよいよ彼も本格的にひとり暮らしになるのですが、姉が先輩として同じ都内にいる分だけ、娘が就職して上京した4年前より母としては心強い気がします。(と言っても、平日は仕事が忙しく、週末は友人たちとの約束や自分の趣味関係のお出かけでほとんどスケジュールが埋まっている娘ですし、息子もまた週末には関東にいる大学時代の友人などとのスケジュールがあるし...と、姉弟で会うことが出来るのは月に一度あるかないか...とのことなんですが、やはり急病など、何かあった際に関西から駆け付けるより近くに身内がいるだけで、安心です。スマイル


そんな2人が、先月GWに入ったばかりの週末、娘の関係するイベントでの運動会?に一緒に参加した際に、お昼のお弁当は娘が作ってきてくれていたそうで...。

そもそも、2009年2月に私がここでブログを始めた頃は、当時まだ学生だった子供たちのお弁当や、主人の食生活管理をかねて朝食やおそとごはんの記録を残すことが大切な目的のひとつだったのでした。


2013年春の息子の高校卒業をもって私のお弁当作りが終了し、今、振り返ってみると、キャラ弁を作れるほど器用じゃないし、凝ったメニューが入っている訳じゃないし、でも、私なりにその当時はいろいろ考えて、一生懸命だったなぁ...と、思います。



現在、家族や友人と一緒にカラオケに訪れているお気に入りのカラオケ店は”お持ち込みOK”なので、お昼用のお弁当を作っている時、
少しワクワクするような気持ちは、あの当時の事を思い出しているからなのかもしれません。

そして、先月末に息子がLINEで送ってきてくれた、お昼ごはん中のお弁当の写真から、”娘もまた、私のように、彼女なりに一生懸命、でもワクワクする気持ちを楽しみながら、お弁当を作っていたのかな...”と、思っていた母だったのでした。赤面


  
タグ :お弁当


Posted by Dreamer at 07:20食生活についての雑感

2017年05月08日

GW明けの雑感 2017

私の今年のGWはほぼカレンダー通りだったので、細切れに週末が続いたというような感じだったし、後半(5月初め)に息子が帰省してくるので、前半(4月下旬)はそのためのいろんな準備に追われていたし...ということで、振り返ってみると、特に大きなイベントもなく、あっという間に過ぎ去ってしまったような気がします。



息子が帰宅した日の夜の夕食は、事前に準備してあったおうちごはんを3人で。

翌朝は、朝食用に手作りのお弁当を用意してカラオケカラオケに行って、お昼ごはんはもんどでラーメンラーメン

その後、実家へ送っていく前に、ビッグママでアイスクリームソフトクリーム休憩をしてから、墓園へお墓参りクルマ


GWなどの大型連休にひさしぶりに家族に会っても、”ごはんを食べながら、話をする”ってことがメインになるのは、我家だけじゃなくてどこの家庭でもそうなのかなぁ...と、友人たちからのLINEやブログなどを見ていて、なんとなく、思います。



息子が東京に戻って行ってからの週末、長い間中断していた”断捨離作業”をまたぼつぼつ始めました。

”何を処分して、何を残すのか”の判断基準が、数年前とは変化しているような気がして、子供たちが社会人になって親元を離れて、ようやく至ることのできた心境にならないと、”終活”って、やっぱり進まないんじゃないかな..と、思っていたりもします。

”大切な思い出”と、そこに残る”想い”を、どう整理してゆくのか、いろいろな雑念(執着心)を思いきるために、お遍路で自分自身にむきあっていた7ヶ月の日々と時間は、私にとって必要だったのだと、再確認してみたり。


”いったん振り返って、気持ちの整理をつけないと、前に進めない。”ということは、弱点なのかもしれないけれど、ひとはそれぞれ、自分にあった生き方で、自分のペースで進んでいくことが、心安らぐことにつながって、それは、けっして悪いことではないんじゃないかな...と認めることが出来るようになった気がします。


  
タグ :GW断捨離


Posted by Dreamer at 10:25日常の雑感

2017年05月05日

GWの、おうち燻製

今日は、子供の日。

子供たちが小さかった頃は、GWに友人や義母をお招きして、おうちで鉄板パーティやバーベキューなどを行っていましたが、昨年のGWからは主人の好きなおうち燻製づくりがGWの恒例に...。スマイル



少しずつ、いろいろな材料を燻製キットで加工しながら、自宅でうち飲みビールカクテル


GW後半の、おうちごはんの仕込みがたくさん出来ました。ピカピカ


【燻製づくり 過去ログ】
・初めての燻製づくり -1 (2016.4.30
・初めての燻製づくり -2 (2016.5.1



  続きを読む


Posted by Dreamer at 17:21おうちランチ

2017年05月05日

GWの風景 2017

GWの花壇の風景から。



カロライナジャスミンの花が終わった後、黄色のモッコウバラが咲き誇っています。

白いモッコウバラや羽衣ジャスミンも、少しずつ咲き始めました。

昨年5月に、神棚で発根していた榊の枝を植えた小さな鉢から、新しい枝双葉が伸びてきています。ニコニコ





  続きを読む


Posted by Dreamer at 08:37My Garden