2017年04月23日

4月下旬の風景 2017 -1

花壇では、カロライナジャスミンに続いて、黄色のもっこうバラが咲き始めました。



昨年秋から今月まで、寒い時期だっただけでなく、休日にはお出かけが続いていたりもして、ガーデニングは気がついた時に水やりするくらいだったのに、ちゃんと花壇の植木たちは新芽を伸ばしたり、花を咲かせたりしてくれています。



子育ての期間中、ガーデニングをしながらいろんなことを考えたり、時には無心になって植木にむかったり。


子供たちが大きくなって、社会人になって、我家を巣立っても、春になるとバラやハーブや花壇の花たちは花や香りで、昔と変わらずに癒してくれる。


GWに息子が帰ってくる頃には、カクテルの花が咲いているといいな...と、思います。お花





  続きを読む


Posted by Dreamer at 22:52日常の雑感

2017年03月24日

菩提の道場 -2




先週末の愛媛へのお遍路は、本当に、ひたすら巡礼の旅に没頭する行程でした。

昨年の夏、義母をお誘いして訪れた愛媛・道後温泉への小旅行とは、まったく違う、私にとっての発見の旅だったと思います。


”菩提”とは、”煩悩を断ち切って、悟りの境地に達すること”


「5月末までに、結願する」と決めてから、旅行気分よりも”お遍路さんとしての修行”を優先したスケジュールを組むことになって、さすがにお義母をお誘いするには厳しいという状況になりました。

”長い山道や、参道の階段はきついし、黙々とお寺巡りをするよりも観光がしたい”との義母のご希望なので、出来るだけ主人と2人で出かける際に難所を済ませておいて、最後の満願寺を訪れる時には義母もお誘いして、ゆったりした気分で観光もしながら結願をめざすこと。

お遍路で四国をほぼ1周して、もう一度、ゆっくり訪れたいと思ったところがたくさんあります。
お遍路を終えてから、今度は義母もお誘いして、次はのんびり、そういったところへ小旅行で訪れること。

そんなことを目標に、今年に入ってからは主人と2人で、徳島(1/2829)から高知(2/252627)、愛媛(3/1819)へのお遍路を進めてきました。



2015年2月の、香川への小旅行
2015年3月の、徳島から高知への小旅行
2016年7月の、愛媛・道後温泉への小旅行

振り返ってみれば、その当時はお遍路という意識がなく立ち寄っていた札所の数々がありましたが、今回、納経帳を携え、輪袈裟をつけて金剛杖と共に訪れて、参拝手順に沿ってお参りをするということを繰り返していくうちに、同じ場所でも観光気分で訪れていた時とはやはり違うように感じます。


”違う自分を発見する”

これからも、そんな発見の旅を続けていきたいな...と、思います。


  
タグ :お遍路愛媛


2017年03月12日

覚悟と共に生きる、勇気

昨年12月と今年2月、私たちが続けて南伊豆の弓ヶ浜に訪れたのは、南伊豆の風景の美しさやさまざまなグルメの魅力からだけでなく、そこで出会った1軒の宿の魅力がありました。

オーナーご夫妻が営んでおられる、全室3室の小さな宿。
きれい好きな奥様がていねいに整えておられるためどこも清潔感があふれていて、シンプルでありながらなにげなくさりげないところにご主人と奥様のこだわりが見え隠れしていて、接客にもそういう姿勢でのぞまれているため適度な距離感でのお心遣いが伝わってくる。

ネットの評価でも1度そこに泊まった人はほとんど好印象で、弓ヶ浜の海岸まで約30秒で波音が部屋まで聞こえてくるというロケーションとおいしいお料理の数々も絶賛されていて、”必ず、また訪れたい”と言われています。

その宿に最初に泊まった時、案内された部屋で奥様から説明をうかがっていた時、意外に思ったのは、”もし、万が一、東海地震が発生したら...”という場合の避難場所と避難経路についての詳しいお話をきちんとされていたことでした。それは、とても大切なことなのですが、楽しい旅先での観光気分と、たんたんとていねいに話されるその内容は、やはり、しっくりこないものがあって、正直言うと、とまどう気持ちもありました。



「”万が一とはいえ、それが今日明日に起こらないとは限らない”という意識を、常に持っていなければいけないと思っています。」

そんなふうにおっしゃる奥様のお話をうかがいながら、”私は過去に阪神淡路大震災に遭遇して、いろいろなことを経験していながら、そういう強い覚悟と共に、日々を生きる勇気を持っているのだろうか...”と、思っていました。
(それは、実際のところは、その当時のさまざまなことを忘れなければ、いろいろな想いを置き去りにしなければ、その後の日々を前向きに生きてこれなかったかもしれない...という、自分の弱さを痛感したということなのかもしれません。)


弓ヶ浜の散策の際に、教えていただいた宿から徒歩3分のところにある津波避難タワーを訪れました。



海抜15mだという津波避難タワーは、震度6強、津波の高さは13mを想定して建設されたとのことです。



美しい海の風景と、日々をていねいに真摯に生き、観光客を感動させる宿を守り続けておられるご夫妻の生き方。

そして、そのすぐそばにある、万一の場合の自然の脅威を物語り、圧倒するような津波避難タワーの存在。

たくさんの楽しい思い出と共に、それらもまた、南伊豆への旅行で不思議な感銘を受けた思い出となりました。



そして、先日お遍路で高知を訪れて巡礼している時にも、町中のところどころにあった”海抜○m”という標識や、移動途中の道沿いに避難場所への誘導の看板をよく見かけ、それは、そんな南伊豆の思い出のおかげで、私の中に、”たとえ観光先であったとしても、きちんと危機意識を持ち続ける”という視点が出来、意識がむくようになったのかもしれない...と、思いました。


  


2017年03月11日

祈りの心と、感謝の心

東日本大震災から6年。さまざまなメディアで、”復興”についての特集番組が報道されています。


現在、お遍路で巡礼をしている時、自分の心の中のさまざまな想いとむきあっています。

その中には、阪神淡路大震災から今年で22年経ってもなお抱え続けている自分自身の葛藤や、混沌とした想いもあります。




日常生活を過ごすうえでは見せることのない、目に見えない、そんな”混沌とした想い”は、たぶん、誰の心の中にも存在していて...。


目に見える復興と、心の復興。


心の復興は、誰かの助けがあったり、何かの支えや救いがあったりすることも、もちろん大切なのですが、自分自身が”祈り”とか”感謝”の心を自発的に持つことによって、進んでいく部分が大きいのかもしれない...そんな、気がします。


今日も、笑顔をこころがけて、過ごしていきたいと思います。



  続きを読む


Posted by Dreamer at 08:33日常の雑感

2017年03月06日

空と海

高知、室戸岬の御厨人窟にて。



”この室戸岬の御厨人窟から見える空と海の風景を見て、弘法大師は悟りをひらかれた”と、紹介されているところですが、同じ空と海の風景を前にしても、私はまだまだ未熟でちっぽけな自分を思い知るばかりです。


ただ、”そこから見える空と海の青さに、心が安らぎ癒されるような気持になる。”そんな”気持ち”を大切にして、これからも1歩ずつ進んでいけたらいいな...と、願っています。


  
タグ :お遍路空海


2017年03月06日

菩提の道場

昨日は、お彼岸を前にお墓参りに行き、主人と義弟のお誕生日を祝った昼食会。
会場がポートアイランドにあったので、食事の後、かなりひさしぶりにIKEAに行き、先日、観自在寺で購入してきた”四国88ヶ所霊場 日本遺産認定記念散華”の台紙を入れるフレームを見つけました。




我家のお遍路は、昨年閏年の逆打ち年の10月にスタートし、今年続きを参っていることもあり、いわゆる”順打ち”でも”逆打ち”でもなく、”区切り打ち”でなおかつ”乱れ打ち”で進めているため、今後の目標は、愛媛県の”菩提の道場”25ヶ所と結願寺である香川県の大窪寺の26ヶ所。


”菩提”とは、”煩悩を断ち切って、悟りの境地に達すること”

それって、簡単なことじゃなくて、日々の生活の中で、いろいろ悩んだり、自分の理想と現実の中で葛藤したりすることが多いです。


だからこそ、そんな未熟で弱い自分自身ときちんと向きあうために、結願をめざしているのだろうと思います。


そして、けっして結願がゴールなのではなく、そこからどんな歩みをスタートするのか、自分の心はどこへ向かっていくのか、ということを考えながら、菩提の道場を巡礼してゆきたいと思っています。

  
タグ :お遍路


2017年03月01日

今日から、3月。

今日から、3月。



遍路途中、28番札所大日寺の納経所を出たところでふと見ると、1本の木にピンクと白の花が咲いているように見えたので、次のお寺に向かうため急いで撮影してきました。


最初に、バスツアーに参加して1番札所の霊山寺からスタートした日は、先達さんに導かれてついていくのに精一杯で、急ぐ道中、”もうちょっとゆっくりしたいな。”と思っていましたが、それから自分達だけで巡礼を重ねて行くうちに、”その日のスケジュールを無事に終了するには、どんなペースで進めていかないといけないのか。”ということが身に染みて、”少しずつ、自分がお遍路さんらしくなっていっている”ような気がします。

もちろん、きちんと装束を整えて、堂々と勤行をされている方々とご一緒になったり、車中から歩き遍路さんを見かけたりするたびに、頭が下がる思いでいる、まだまだ初心者マークのお遍路さんではあるのですが、今回、修行の道場である高知巡礼を無事に終えて、やはりたくさんの”気づき”があったと思います。


「5月末までに、結願する。」という、目標。

”時間的にも、体力的にも、経済的にも、かなりきついよ...。”と考える、マイナス向きの発想。

”最初から出来ないと思っていたら、出来るはずがない。どうしたら、出来るのか考えることが大事だ。”という、プラス向きの発想。


目標を持って、プラス向きの発想を心がけると、日々の生活から少しずつ変わってくる。


最初のバスツアーでは、まだ日常を離れた日帰り観光気分でスタートした遍路巡礼でしたが、義母の金剛杖をお預かりして同行し、巡礼を進めるうちに、輪袈裟を購入してお参りの前にかけるようになり、さんや袋のような白い斜め掛けバックに遍路グッズ一式を入れて持ち歩き、持鈴をつけるようになって、私なりのお遍路スタイルが整ってくると、道中で出会った方々とすれ違う時に「おはようございます。」「こんにちは。」などご挨拶をかわすことが多くなりました。

「自分が変わると、いつのまにか、まわりが変わってくる。」

よく言われる言葉ですが、そんなことを実感します。

”たとえ家族であろうと、どんなに仲のいい友人であろうと、誰かを変えたいと思っても自分が他人を変えるのは難しいし、そう思うこと自体が傲慢なのかもしれない。だけど、自分が意識して変わることで、不思議なことに、何かが変わってくる。”


今日から、3月。

まだ寒い日は続きますが、たしかに、春サクラが近づいてきています。




  
タグ :遍路


2017年02月19日

回想 2017.2

先週末も、日の出前の弓ヶ浜を見つめながら、ぼんやりと、考え事をしていました。



今回は、主人だけでなく、子供たちや義母も一緒の家族旅行だったので、ちょうど4年前の今頃、娘の家探しで東京を訪れていたんだな...と、いうこととか。


昨年12月に見た弓ヶ浜の日の出の風景ともまた違う、もやがかった神秘的な海の風景に、自然とむきあう敬虔な気持ちを感じながら...。


  続きを読む


2017年02月14日

バレンタインのちょこれーと

週末、旅先で娘が主人と息子へ渡していた、バレンタインのちょこれーと。




結局、私からは”旅行自体がバレンタインディも含む”...ってことになりましたが...。アセアセ




他にも、どうやらお気遣いいただいたようで、
帰宅して、うれしそうにいただきものの
チョコレートを見せてくれました。

ありがとうございました。






  続きを読む


Posted by Dreamer at 22:46日常の雑感

2017年02月12日

滋賀県は、雪です…




義母のお誕生日旅行が、なんとか、無事に終了。

明日から、また、日常生活に戻ります。



  


Posted by Dreamer at 18:12日常の雑感

2017年02月12日

燃える朝焼け



ウケ狙いなら、「ミラーマン」

♪朝焼けの光の中に、立つ影は~♪


でも、私の身内は、実は私は朝陽が昇る映像を撮りながら、YESの「燃える朝焼け」を思っていると、理解してくれている。



同じ風景を見て、どんな音楽をBGMとしてイメージするのか…。

そして、そこにある“自分らしさ”を認めて、大切にしてくれているかどうか。


そんななにげないところに、「家族」ならではの、居心地の良さになるのだろう…と、思います。




  続きを読む


2017年02月11日

家族

同じ景色を見て、きれいだな…と思うとか、感動するとか。

一緒に食事をする時間を、それが外食であっても、おうちごはんであっても、美味しいね♪と、それぞれを楽しめるとか。

やさしさと、思いやりと、そしてそれが相手に必要な時には、厳しさがある。

振り返ってみると、そんな「家族」が理想だったんだな…と、思う。

子育てに、一生懸命になっている時は、そんな事を考えている余裕はなかったけれど…。





桜の花が、きれいに咲いています。
南伊豆 ”みなみの桜と菜の花まつり”会場にて

まだ2月ですが、すっかり春の気分です。




  


2017年02月01日

今日から、2月。

今日から、2月。

節分があって、義母のお誕生日イベントがあって、バレンタインディがある。

そんなこんなを考えながら、気がつくと3月になっていた...ということになりそうだけれど...。アセアセ

とにかく、『健康第一』をモットーに、日々を大切に過ごしていきたいと思います。



徳島のホテルの部屋から見た日の出 (2017.1/29)



※インフルエンザや感染性胃腸炎が流行り始めているようです。

  花粉症の症状も、そろそろ出始めています...タラーッ
  
  体調管理に気をつけないといけないな...と、思います。


  
タグ :2月


Posted by Dreamer at 07:57日常の雑感

2017年01月27日

初心に戻るということ

2月2日は夫婦の日だと、先日、新聞のコラムに載っていました。

11月22日の”いい夫婦”の日はマスコミなどで大きく取り上げられるけれど、2月2日だけでなく、毎月22日も”夫婦の日”なんだそうです。


「性格が違うし、考え方も違うから、コミュニケーションが難しくて、時にはケンカもし、お互いに我慢することがあるのは、社会生活における人間関係だけでなく、家庭の中でも同じ。長年連れ添ってきた夫婦でも、そうなんだから。」と、職場のコミュニケーションで悩んだ時、ふと私がもらしてしまった弱音に、上司が言ってくださった言葉です。

現在も、ご自身のお母様からお孫さんまで4世代同居をされている方の言葉ですから、深くて、重みがあります。

私もまた、結婚してすぐから主人の実家に入って、3世代同居を経験し、阪神淡路大震災の後、実家を出て別世帯となった身ですから、心に沁みるものがあります。


”私たちには、いわゆる、ふつうの2人だけの新婚生活って、なかったんだな...。”と気がついたのは、息子が大学生になって実家に下宿するようになって、主人と2人だけの生活にようやく慣れてきた頃だったような気がします。


自信を持って”いい夫婦”とは言えないかもしれないけれど、20数年一緒に過ごしてきた夫婦ですから、いまだにお互いに我慢することがあったとしても、ほかの誰よりもお互いのいいところを一番よく知っていて、お互いの長所も短所もひっくるめて、理解し、理解されているのだろうと思います。


昨年10月から始めたお遍路の旅



主人と一緒に巡る旅は、今後の人生を考え、見つめる旅なのかもしれません。



  続きを読む


Posted by Dreamer at 06:23日常の雑感

2017年01月23日

8年間を振り返って 2017

2009年2月にここでブログを始めて、今月で丸8年が過ぎました。

本日(2017.1/23現在)の使用可能残量は16.85MBと、残りがわずかになっているので、コンテンツを少しずつ、別の場所へお引越しし始めています。


「♪おそとでランチ、おうちで音楽♪」時代に、メイン内容になっていた

グルメ関係は、食べログへ。

音楽関係は、友人のみ限定でスタートしたFACEBOOKへ。


今後のブログ「♪憩いの場所と憩いの時間♪」では、残量を大切にしながら、ガーデニング、日記、お出かけ関係を中心にまとめていこうかな...と、思っています。


何卒、よろしくお願いいたします。





  続きを読む


Posted by Dreamer at 11:19日常の雑感

2017年01月20日

”違いを楽しむ”ということ

今月初旬、「仕事始め」というタイトルで書いた雑感の中で、さだまさしさんバージョンの「PPAP」と共に、こんなこと↓を綴っていました。

”バージョン違いの、アレンジを楽しむ”

そんな遊び心を、いろいろな場面で愉める1年でありますように。




最近、国立劇場版の「PNSP」を拝見して、同じ素材でも、本当に無限の可能性があるんだなぁ...と、思いました。


国立劇場のオフィシャルサイトでも紹介されている、「PNSP」




昨年末の伊豆旅行の写真を、少しずつ整理してまとめていく作業を現在進めていますが、”自宅でのこういう時間って、もしかしたら、日々の家事から、現実逃避してるのかも。”とか、”次回、義母をお誘いして伊豆へ出かけて行く時には、ほぼ同じようなコースをまた行くことになるんだな...。”とか、マイナス思考に流れていきそうな時もあります。


ただ、同じ2泊3日の旅行でも、”行った。食べた。楽しかった。(有名なカエサルの名言、”来た、見た、勝った。”風ですね...アセアセ)という明瞭簡潔な言葉では表しきれないと思うくらいのいろいろな思い出があって...。

そんな思い出の数々をきちんと拾い集めて、まとめていくことによって、自分なりにそこから得た何かが日々の家事や仕事においていい影響を与えてくれることがあったり、次に同じ場所を訪れる時には、今回の視点とは違うまた新しい何かを得ることができる自分でいたいと願っていたり、同じ自分の行動であっても、そこからプラス思考を導き出すのは自分なんだな...と、考えることもできます。


南伊豆 弓ヶ浜の夕暮れ時と日の出の風景(2016.12/23&24)




”この時、浜辺を歩いていた私”と、”次回、南伊豆を訪れた時の私”は、たぶん違う視点で同じ海を見るはずだし、そうでないと、もったいないと思う。


そんなふうに、同じ職場でルーティンの仕事をするにしても、同じ自宅で家事をするにしても、いつも違う視点でいることによって、何か新しい発見ができるかもしれないし、そうでないと、もったいないのかもしれない。


”違いを楽しむ”って、そういうことでもあるのかな...と、なんとなく、思います。


  


Posted by Dreamer at 07:24日常の雑感音楽の話

2017年01月16日

”発見の旅”に関する雑感

昨年12月のお遍路の旅も10月と同様に、”主人が車で香川県へ出かけるクルマ所用の予定にあわせて、義母と私も同行して、移動日に立ち寄れるところへお参りしよう”ということから決まったのですが...。

”年末に向けて職場が忙しいし、いろいろ慌ただしくて体調管理が難しいし...”と、同行して出かけることに、最初は正直言うと私は、躊躇していました。

出かけることが決まってからも、主人と別行動となる中日に、義母をご案内する高松市内での観光先を考えようとしても、10月に栗林公園に行ったばかりだし、2人で観光して歩くというより、その日はのんびり過ごせたらいいんだけど、義母を退屈させるわけにはいかないし...と、スケジュールを組むうえで、かなり悩んでいました。


その結果、車遍路で乱れ打ちの我家が無理なく移動できる順路で移動日に各札所に立ち寄って、往路には早めに現地入りし、帰路にも早めに義母を実家へお送りできるペースで考えており、中日には義母と私2人でも電車で訪れることができる長尾寺参拝のみを予定して、後は現地で考えようと思って、出発。

その時は、まさか、ふだんは「病は気から」というのが信念のように、「多少の体調不良は、動いているうちに治る」と言っておられる義母が旅先で、めったにかからない風邪でダウンされるとは、想像もしていませんでした。


全く自慢にはならないけれど、若い時から無理しすぎるとすぐにダウンしていた私は、”元気な時には自分が出来る範囲で精一杯頑張るけれど、これ以上頑張るとまずいかもしれない...”と思った時には早めにペースを抑えるクセがあって、そんな自分がなさけないと思いつつも、そんな自分とつきあって、ずっと今まで生きてきました。

そんな私の姿は、義母のようなタイプの方には軟弱者で、怠け者にしか映らなかっただろうと、自分でも思います。


でも、旅先で、おもてなしし気遣うべき方(義母)がダウンされた時、”無理しないためには、どうしよう...どうしたらいいのかな...”と考えるのは、私がある意味”軟弱者”だからこその得意分野で...。アセアセ

中日には、出来るだけ体力を温存していただきながら、休憩しながら、予定通りの長尾寺参拝に訪れ、最終日には風邪薬が効いてかなり体調が復活されているのを確認したうえで、長い階段が続くようなハードな札所は駐車場の車の中で休んでいただくことにして、帰路に予定していた参拝をすべて終えて、帰宅することが出来ました。


無事に実家に到着して、主人に「今回は、すっかり、迷惑をかけた...」と落ち込んでおられた義母に、「予定通りのすべての参拝を終えて、帰って来れたじゃないですか。」と励ますように笑顔で言えたのも、私自身が落ち込みやすい人間だからなのだと、思います。



自分が弱っている時に無理して頑張るより、そういう時にはペースダウンして、でも、その時に自分が出来る範囲で出来ることを細々とでも積み上げていきたい。

そして、復活して元気になった時には、ここまで出来るかな...と思う、自分の限界を少しづつ超えていくことに、チャレンジしていきたい。


たぶん、それが、私らしい生き方なんだろうな...と、思うのです。





『 真の発見の旅とは、

  新しい景色を探すことではない。

  新しい目で見ることなのだ。

  ― マルセル・プルースト ― 』


  続きを読む


Posted by Dreamer at 07:10日常の雑感

2017年01月13日

昨年末の伊豆・東京クリスマス旅行を振り返って

年末に出かけた、伊豆&東京へのクリスマス旅行。

もともと、12月には主人の四国での所用につきあって香川へのお遍路旅行のスケジュールが入っていたので、さすがにその翌週に伊豆へ出かけるのはハードだと思っていたのですが、結果として、伊豆から東京へ移動して新幹線娘にも会えたし、クリスマスパーティツリーにも参加できたし、いい思い出がたくさん残りました。



記憶が色あせないうちに、自分の大切な思い出記録をまとめておこうと、少しずつ写真を整理しています。

年末年始に義母は子供たちと一緒にディズニーへ出かける予定が入っておられたので、伊豆へはお誘いしなかったのですが、実は伊豆へ行きたかった...ということなので、今年、義母をお連れして再び出かけていくことになりそうです。

いろいろ、きちんと情報を整理しながら、次はどんなスケジュールを組んで、どんなところをご案内しようか、考えることを楽しんで進めていけたらいいな....と、思っています。



  続きを読む
タグ :伊豆東京


2017年01月08日

うれしかったこと

週末の土曜日に所用で実家へ行くので、息子に「この3連休、帰ってくる?」とLINEで聞いた時、帰るつもりだとの返事がきていました。

彼なりに、3つの楽しみ(目的)があったそうで、ひとつは家族での年明けカラオケカラオケ、もうひとつは地元のお気に入りのお店へ訪れること、そして、3つめが私にとっては意外で、とてもうれしいこんなひとことでした。赤面


「おかあさんのいつものお雑煮を食べないと、お正月という気がしない。」





そして今朝だけでなく、夕食時にはおかわりまでして、なにげない我家のお雑煮を喜んでくれたのでした。


単純だけど、本当に単純だけど、彼のそのひとことを励みにして、今年もおうちごはん作りを毎日地道にコツコツと作り続けていけるような気がします。ニコニコ


  
タグ :お雑煮


2017年01月05日

仕事始め

今年は、なんとなく、仕事始めが早く感じてしまいます。アセアセ

毎年、おせち料理に飽きてきたころ、仕事始めで、七草粥...という気がしていたけれど、昨日から主人も仕事始め。

今年は、おせち料理を例年より少なめに作ったのが、良かったのかな...とか。

その分、私の主婦業の仕事始めはお正月からすでにスタートしていて、年末に作っておいたおせちもあったけれど、お雑煮は日替わりでいろいろバージョン違いのものを作ってみたのも意外と楽しかったし、今はお正月でもショッピングセンターのスーパーは開いているので、お刺身やハム系などは年末に買い置きしておかなくても買ってきてすぐに食卓に並べることが出来るんだなとあらためて実感したりしていました。

『〇〇でなくては、いけない』という自分自身の頑なな思考をはずして、あらたな発想でアレンジしてみたり、違う方向で試してみたりすると、今までと同じ仕事でも違って感じるだけでなく、自分がその仕事を愉しいと思えるような気がします。




昨夜は、お雑煮の粕汁バージョン。このアレンジも、身体が温まっていいな...と、思います。


”バージョン違いの、アレンジを楽しむ”

そんな遊び心を、いろいろな場面で愉める1年でありますように。



※今朝のテレビで紹介されていた、さだまさしさんバージョンのPPAP~和風バージョン~。


  


Posted by Dreamer at 07:57日常の雑感

2017年01月02日

"愉採り”の年になりますように☆

昨年は、年末ぎりぎりまで職場が忙しかったり、週末は所用がらみだったとはいえお出かけ予定が続いていたりで、年賀状は年末休暇に入ってから書こうと思っていました。

ところが、年末休暇に入っても、あれこれ予定があって、年末にはとうとう風邪による発熱でダウン。なき

年が明けてから、年賀状作成作業をする羽目になってしまいました。アセアセ


年始にもまだ微熱が残りながら、主人とあれこれ年賀状の文面を打ち合わせている際に、「今年は、とり年だから”、ゆとり”の年になるといいね。」と言いつつ、熱っぽい状態で発想したのが、「”愉快”の愉に、”採用する”の採りで、愉採りってどう?」ということ。

同じ”たのしい”という意味でも、”楽しい”と”愉しい”とは微妙に違うし、”取る”と”採る”でも違う。

年とゆとりをかけて、”愉採り”の年。




今年も、他者の視点で楽しそうに見えるかどうかではなく、自分の視点で心から愉しいと感じられることを採り入れていける年であればいいな...と願っています。


  続きを読む


Posted by Dreamer at 23:13日常の雑感

2017年01月01日

2017年 元旦



”2017年のお正月は、のんびり過ごそう”との想定どおり、ゆったりと過ごすお正月。




今年1年、いい年になりますように。






  
タグ :元旦


Posted by Dreamer at 14:54日常の雑感

2017年01月01日

あけましておめでとうございます



本年も、何卒よろしくお願い申し上げます。

  
タグ :新年 賀正


Posted by Dreamer at 07:04日常の雑感

2016年12月30日

年末の雑感 2016 (12/30)

昨日、年末のお墓参りを終えて、年越しそばの材料やお餅を買ってきたら、ようやく年末気分になってきました。

先日、Oさんからいただいたお野菜も、”ちょっとはおせちらしく、調理しないといけないかな...アセアセ”とか。




今年の年末年始のモットーは、”出来るだけ年末年始を意識せず、日常生活のままに過ごすこと”。


それは、”年末年始は、こうあるべき”という今までの慣習通りにしないと、どこかで焦ってしまうような気になる自分と、”最低限、自分が守りたい慣習や習慣”を見出していきたい自分との、気持ちのうえでのバトルのような、そんな、気がします。


と、そんなことをこんな時間に綴っているのは、”数の子の塩抜きを忘れてた...”と午前4時半に目が覚めてキッチンで動き出してしまうと、”いただいたお野菜をどんなメニューにしようか”とか、”そのために、今日、何を買って来ないといけないのか”とか、考え出してしまって、結局、そのまま起きてしまったから...なんですが...。キョロキョロ



  続きを読む


2016年12月22日

もうすぐ、クリスマス☆

2016.12/17 ホテルクレメント高松ロビーにて



今週末は、クリスマス。

みんな、それぞれが

幸せな週末になりますように。
  
タグ :クリスマス


Posted by Dreamer at 07:11日常の雑感

2016年12月16日

体調管理についての雑感

先日、歯科の定期診察を終えて、年内の医院関係は終了のはずだったのですが...。タラーッ


アレルギー関係の症状が出始めて、年末年始分の常備薬が足りるかどうか、微妙なところになりつつあります。アセアセ


若い頃は、多少の体調不良は”寝れば治る”とか、”市販薬で治る”と、思っていました。

年齢を重ねて行くうちに、体調管理って、そういうものではないんだな...と思うようになりました。


信頼できるかかりつけ医がいてくださって、定期的に検診していただけて、かかりつけの薬局があって、相談できることの大切さを痛感したうえで、自分自身の体調管理は自分自身が日々責任をもって行わないといけないということ。

症状が出てから、ひどくなってからあわてるよりも、自分の弱点や体調をきちんと認識して、日常生活の中で予防に努めることが大事だということ。





師走の今の時期だからこそ、休息と自分のペースを意識して、過ごしていきたいと思います。



  


Posted by Dreamer at 06:22日常の雑感

2016年12月14日

きっかけ

昔、独身時代は白い服が好きでした。

でも、結婚して家庭に入り、特に子育ての時期は、”白い服だと汚れを気にしないといけないから、動きにくくなる...”ということで、いつのまにか服を購入する際に白や淡い色の服を避けるようになり、ふと気がつくと、私の普段の衣服は黒っぽいものや色の濃いものが多くなっていました。アセアセ

それでも夏物などはまだ、白や淡い色もあるのですが、冬物はどうしても黒や濃い色がメインになっています。


今年の9月末、「日本のルーツを行く! 又吉ロマン ~知られざる水の神秘とは!?~」というテレビ番組テレビがありました。

ちょうど10月から私もお遍路をスタートしようとしていたところだったこともあり、”又吉さんと夏木マリさんが霊場八十八ヵ所と水との深い関係を学ぶため、香川県でお遍路の旅をする”という番宣に魅かれて録画しておいた番組を観た時、夏木マリさんの白装束の服装がとても印象的でした。


そして、それ以降、”職場だけでなく、お遍路の旅にも着ていけるんだから、白い服を買っても大丈夫”と、なんとなく思えるようになりました。スマイル


誰かに制約されているよりも、むしろ、自分で自分を制限したり、規制をつけたりしていることのほうが、乗り越えるのが難しいような気がします。

でも、だからこそ、そこから解放されると、不思議な安心感がある。

”きっかけ”って、なにげないところにあって、それもまた”大切な出会い”なのかもしれないと思います。



安心感があるからこそ、憩うことができる。

”憩いの場所”や”憩いの時間”は、
大切な基本を礎にしたうえで、
自分自身を無意識に縛っている
セルフコントロールを越えた先にある。

今年、気がつけたことのひとつです。


  


Posted by Dreamer at 09:02日常の雑感

2016年12月11日

年末年始の目標 2016

12月中旬になりました。

今年の我家の年末年始の目標は、”年末年始を意識しないで、できるだけ日常どおりに過ごすこと”。


でも、”長年、慣習として行ってきたこと”って、実は、”今までどおり”にする方が簡単で...。アセアセ


”年末年始らしいことを、あえて、行わない。”と決めていても、いろいろ大掃除をしないといけないところは気になっているし、おせちは作らないつもりでも、数の子を見るとつい買ってしまうし。キョロキョロ


たぶん、”できるだけ自然体で年末年始を過ごせるように、あれこれ模索してみる”ということが、今年の目標だと言えるのかもしれません。



冬場はあまり成長しないけれど、室内のグリーンとして癒してくれるレタス。




  続きを読む


Posted by Dreamer at 13:36日常の雑感

2016年12月09日

2017年にむけて

今年も、いろいろなご縁がありましたが、私なりに一番大きな”ご縁”を感じたことは、主人や義母と共にお遍路をスタートしたことだと思います。


昨年、義母をお誘いしていた四国への小旅行の途中、義母が中断しておられた納経帳のためのご朱印を受けていた時には、正直、想像もしていませんでしたが...。

今年、主人の仕事の関係で、車で四国へ行くご縁があり、主人と私の仕事が連休設定できるスケジュールになって、義母をお誘いして3人で出かけて行こうかという流れになった時、本当に自然に、”それなら、私も、私のお遍路をスタートしようかな”と思えたこと、”ならば、あなた(主人)も納経帳を用意して、義母と私と主人、3人それぞれがそれぞれの想いを持ってお参りしようよ”と誘ってみると、主人も同意してくれたこと。

義母が先にお参りを済ませておられるところは、ほとんどが日帰りバスツアーにお友達と参加されていたものだったので、そのぶんは主人と私が2人でバスツアーに参加して追いかけていける状況だったこと。


不思議なくらいに、自然な流れの中で決まっていった私のお遍路の始まりでした。

「求めよ さらば 与えられん」という言葉がありますが、たぶん、私の心の中のどこかで、そういう形での”癒し”を求めていて、このお遍路の旅については、弘法大師様のお導きによってスタートしたのだと、素直に思えます。

そして、そうして出かけて、無心になって巡る時間の中で、毎回、それぞれ、私なりに得るものがありました。





来年(2017年)中に、88ヵ所すべてをお参りして、結願することが出来て、高野山へのお礼参り**までたどり着けるかどうかはわからないけれど、”また来年も、ご縁があるといいな”と、私は心から願っています。



  続きを読む


Posted by Dreamer at 00:27日常の雑感

2016年12月08日

2016年を振り返る

毎年、12月になって翌年用の新しい手帳やノートを用意する時期になると、”その1年を振り返る”作業をしています。



今年も、いろいろあったなぁ...とあらためて思ったり、1年って早いなぁ...と思ったり。


自分なりにこの1年を総括すると、『”音楽”と”癒し”に支えられた1年』だったと、思います。


2016年は、残すところ20日と少し。

年末年始にむけて職場での仕事が忙しくなるし、今月もいろいろスケジュールが入っているけれど。


毎日の生活の中で、日常の家事や職場での仕事って、あえて記録に残ってはいないけれど、実は、私が今、こうして生きているのは、そういう水面下のなにげないところで、地道にコツコツと積み重ねているものに支えられているということにも感謝して、日々を大切にしていこうと思うのです。


  続きを読む


Posted by Dreamer at 05:30日常の雑感